鉄腕アトム アトムハートの秘密
メーカー:セガ
開発:トレジャー
機種:ゲームボーイアドバンス
発売年月日:2003年12月18日
価格:4800円
ジャンル:アクション(2D)


かいたひと : アルツ=ティッシュマン社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
85
プレイ時間・・・15時間
※映像〜ボリュームは10点満点、総合は100点満点
いいとこ こまったとこ
・手塚治虫の色んな漫画から多数のキャラクターが登場し、見た目的にとても豪華。それでいて、鉄腕アトムのイメージを壊さずうまくゲーム化しているのは見事と言える。簡単な手塚キャラ事典なども用意されており、ゲームとしてだけでなく、ファンアイテムとしてもイケる!こりゃお得。

・スピード感があり操作感が良い、操作しているだけで抜群に気持ちいいアトムのアクション。ただ、使用ボタンとその組み合わせがやや複雑で、慣れるまでは少々辛いところはあるかも。まぁ、その慣れる過程も良いもんだ。このあたりは「アクションのトレジャー」らしさ全開。流石といったところですな。

・グラフィックは画きこまれており綺麗。尚且つ見易くまとめられているのがすごい。
・難易度が「やさしい」でも難しい。「むずかしい」はもはや鬼。「覚えゲー」的な側面もあり、明らかにゲーマー向けの難度設定なのは疑問が残る。ターゲット層はお子様とワシのようなオッサンだと思うのだが、明らかにこれはやり過ぎではないか?悪い意味でのトレジャーらしさまで引きずってるね、ここは。

・ザコ敵の種類が少なく、使い回しが多い。他の部分が良くできているだけに惜しい。

・敵の体力が視覚的に分かるような作りだったら嬉しかったんだけどな。
感想などなどじゃい
 キャラゲーかつ携帯機という埋もれそうな環境で発売され、見事に埋もれたというアクションゲームの傑作。2Dのアクションゲームとして非常に良くできており、アクション好きならハマる内容であることは間違いない。ファンアイテムとしても優秀だが、トレジャーらしさ全開の内容・難易度の高さには苦戦するかも。かく言う私もその一人だった(笑)。ここは・・・こ、根性だ・・・!

掲載日:05年9月28日


戻る