スーパーマリオボール
メーカー:任天堂
開発:Fuse Games
機種:ゲームボーイアドバンス
配布開始時期:2004年8月26日
価格:4800円
ジャンル:アクション(ピンボール)


広告(良かったら買ってくれぃ)
 

執筆: アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
7 6 5 6 4 6 51
プレイ時間…15〜20時間程度
※各項目は10点満点、総合評価は100点満点
良きかな。
・キャラクターの動きに海外ゲー特有の変なアクの強さはあるが、ゲームボーイアドバンスの作品としては一応かなりキレイな部類には入る。

・2Dながら仕掛けの中には高さの概念を持つものもあり、かなりのコダワリを感じる(ただし後述の難易度の設定がぶっ飛び過ぎてて台無しになってる感はある)。
イカンぞね。
・クリア条件が厳し過ぎてやる気が失せる。敵にダメージを与えるためにはマリオを敵に当てるだけでは駄目で、かなりの勢いをつける必要がある。更に、かなり厳しい制限時間内に2回、3回とミスすることなく連続でヒットさせなければならない。敵に限らず、ステージの各ギミックも全てが万事こんな感じなので、いつまでも同じ面で延々とやらされるハメにはなるわ、イライラするわ。

・ボールの挙動がかなり微妙。ヘンにヌメヌメしてる感覚があり、少々気持ち悪い。
感想もろもろ。
 やたらめったらストレスが溜まる、妙に難易度の高いマリオの派生作。やたらと高いステージクリアへのハードルが曲者で、兎に角超人的なボールのコントロールを常時求められるせいで血圧が上がりっぱなしだし、洋ゲーくさい(実際海外のメーカの下請け作だが)アクが強めのグラフィックもマリオらしからぬ出来ではある。

 2000年台に入ると任天堂もソフト数の確保の手段として海外のソフトハウスにマリオやポケモンの派生作を作らせる事が増えた印象だが、派生作の中には品質が伴ってないモノも増えた印象。ゲームボーイアドバンスの頃はまだ「出せば売れる」だったが、最近はそうでも無くなった…と申すか少々客側に飽きられてマリオ・ポケモンでも売れないモノもチラホラ。安易な数稼ぎはそろそろやめても良さそうな気はする(新ハードのスイッチさんの世代に入って以降はそんな感じになって来たんで、期待は持てるかな)。

掲載日:2005年3月14日
更新日:2017年11月13日


機種別一覧(GBA)に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る