スーパーマリオアドバンス4
メーカー:任天堂
開発:任天堂情報開発本部
機種:ゲームボーイアドバンス
発売年月日:2003年7月11日
価格:4800円
ジャンル:アクション


かいたひと : アルツ=ティッシュマン社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
65
プレイ時間・・・15時間程度
※映像〜ボリュームは10点満点、総合は100点満点
ええのぅ いかんのぅ
・色々手が入ってはいるが、基本的には傑作「スーパーマリオブラザーズ3」の移植作品だけに、完成度はそれなりに高い。

・一時中断セーブ機能など、携帯機で遊び易いように色々配慮されているのがグーですな。
・グラフィックは10年前の「マリオコレクション」からまったく進化していない。

・ボイスが過去の「マリオアドバンス」シリーズから完全に使い回し。BGMもスーパーファミコン版と比較すると大分音質面で劣化してる。

・カードeリーダーが無いと、何一つ追加要素を遊ぶ事ができないのはどうなんだろう!?ただでさえ、ファミコンのソフト分のボリュームしかないのに、さらにカネを取る気!?

・これまでのマリオアドバンスシリーズと比較すると、驚くほどオリジナル版から色々いじられており、遊んだ感覚はファミコン版からはかけ離れている部分もある。見た目は似てても細かいところでは結構違うので、移植作品として楽しむなら、スーパーファミコン「マリオコレクション」の方が良い。
感想じゃけんのう
 かの名作「スーパーマリオブラザーズ3」が携帯機で遊べるぞ!!という驚きはないわけではないが、流石に、ファミコンソフト2本の移植作品で新作1本分のカネを取るのはどうかなーと思いました。「1」から「3」をカップリングして出すくらいの豪快さはあっても良かったと思うが。
 あと、今作のくらいバランス的にいじくり回すくらいなら、新作を作って欲しいと思う。おまけに追加要素はソフト単品では出せないし(別売りのカードeリーダーとそれに対応した専用カードを買う必要がある)。個人的にはこの手の露骨な“リメイク商法”&“あれ買えこれ買え商法”は感心しない。任天堂にはこういうことやって欲しくもらいたくはないなぁ・・・。
 とりあえず、単純に「マリオ3」をやりたいなら素直にファミコンごと買うか、スーパーファミコンの「コレクション」を安く手に入れた方がベターです。

掲載日:06年12月13日

関連作品のレビューはこちら!
スーパーマリオブラザーズ3(1988年・FC)
スーパーマリオコレクション(1993年・SFC)


機種別一覧に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る