メーカー:任天堂
開発:レア社
機種:ゲームボーイアドバンス
発売年月日:2003年12月12日
価格:4800円
ジャンル:アクション(2D)


かいたひと : アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
68
プレイ時間・・・7〜8時間
※映像〜ボリュームは10点満点、総合は100点満点
ウッキッキ!いいとこ! キキー!だめなとこ
・オリジナル版よりは若干劣化しているが、ゲームボーイアドバンスのゲームの割にはグラフィックはキレイな部類に入る。サウンドもまぁ同様。

・セーブなどの機能はスーパーファミコン版よりも便利になったのは良い。
・多少の追加要素はあれども、9年前に出た同名作品とほぼ同内容なので新鮮味に欠ける。

・サウンドはスーパーファミコン版と比べるとちょっと劣化が激しい。
感想じゃよ
 ゲームボーイ、ゲームボーイカラーに移植されてきた「スーパードンキーコング」だが、今回のゲームボーイアドバンスへの移植でようやく一人前といった感じ。内容的にはスーパーファミコン版とほぼ同じなので、コレクターもしくは未経験者向けの内容ですな。

掲載日:08年1月28日

関連作品のレビューはこちら!
スーパードンキーコング (1994年・SFC)


機種別一覧に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る