スクリューブレイカー
轟振どりるれろ

メーカー:任天堂
開発:ゲームフリーク
機種:ゲームボーイアドバンス
発売年月日:2005年9月22日
価格:4800円
ジャンル:アクション(2D)


かいたひと : アルツ=ティッシュマン社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
86
プレイ時間・・・15時間程度
※映像〜ボリュームは10点満点、総合は100点満点
よし だめ
・攻撃・防御・移動とあらゆる場面でドリルを使うという、豪快な内容。絶妙なキーレスポンスと効果音によって演出された重さはこの作品ならではか。ラフで重量感のあるアクションが楽しめる。振動カートリッジを採用しており、ブルブルするのもマッチしており面白いですな(振動無しにも設定可)。

・職人芸とも言えるドット画と微妙にファミコンっぽさ(いい意味で)を強調したBGMが良い。完全新作ながら、どこか懐かしい雰囲気も持ち合わせている。

・全体的には簡単な部類に入り、割と誰でも楽しめると思われる。終盤の難易度はアクションが苦手な人にはやや辛いかもしれないが、繰り返し遊んで体力のパーツを継ぎ足せば、充分カバー可能な範囲。
・隠しステージなどは用意されてはいるものの、やはりボリューム不足である感は否めない。これでもうちょっと面数が多ければ文句なしだったのになぁ。

・ボスの攻撃はかなりいやらしい。覚えゲー的な側面が強いのはやや気になる。死んで覚えるというほど意地悪でもないので、それほど問題では無いのだが。

・良く出来てるんだけど攻略の自由度が低過ぎて、製作者の掌の上で踊らされてるような気分に陥ることもある。
感想などなどじゃい
 製作元のゲームフリークと言えば最近ではポケモン一色になってしまったのが残念だった。そんな中、久しぶりのアクション。なかなか充実の内容で、「アクションのゲームフリーク」も健在と思わせてくれる出来栄え。ふむっ、良かったねぇ。今後もポケモンメインのスタンスは変わらないだろうけど、大作の合間にこういった地味ながらも一癖ある良作をリリースし続けて欲しい!・・・と思うアルツなのでしたー。

掲載日:05年10月16日
更新日:05年12月6日


戻る