まわるメイドインワリオ
メーカー:任天堂
開発:任天堂企画開発本部、インテリジェントシステムズ
機種:ゲームボーイアドバンス
発売年月日:2004年10月14日
価格:4800円
ジャンル:アクション(バラエティ)


かいたひと : アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
85
プレイ時間・・・20時間程度
※映像〜ボリュームは10点満点、総合評価は100点満点
良かったぜよ イカンぜよ
・ハードごと回転させるという独自の遊び方がしっかりゲームとして成立している。大きく回したり、ボタンと組み合わせたり、多彩な遊び方を用意するなど、飽きがきにくい工夫があるのもグーじゃな。ややマンネリ化してツボにはまって大笑いすることは無かったが、シリーズ伝統のシュールさも健在です。

・ゲームを繰り返し遊ぶことで手に入るガチャコロンでおまけゲームなどを入手できるようになったことで、前作でやや課題だったボリューム面の不足をカバーしている。遊び心いっぱいのおまけが充実しており集めるのが楽しい。
・回転センサーのニュートラル位置がたまにずれる事があり、ゆっくり回転させるゲームやボスゲームなどの比較的長時間かかるゲームでは不自由に感じることもしばしばあった。

・前作に比べ直感的に判りづらいプチゲームが増えたのが気になった。シンプルさがウリであるゆえ、これはちょっと問題かもしれん。

・本体を大きく動かして遊ぶというスタイルの関係上、屋外では遊びにくい。
感想じゃ
 最近このシリーズはやや乱発気味だったので完成度の面でやや不安もあったが、堅実な作りとなっており、回転させて遊ぶという珍しいスタイルもしっかり楽しめた。相変わらずシュールでなんとも言えない脱力感があり、それがたまらんのです。前作ほどのインパクトは無いが、おまけに集めるのに夢中になっちゃうのですわぃ。しっかり楽しめる良作じゃな。

掲載日:05年1月16日
更新日:05年8月7日

関連作品のレビューはこちら!
メイドインワリオ (2003年・GBA)


機種別一覧に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る