アドバンス
メーカー:任天堂
開発:キャメロット
機種:ゲームボーイアドバンス
発売年月日:2005年9月13日
価格:3800円
ジャンル:スポーツ(テニス・育成RPG)


かいたひと : アルツ=ティッシュマン社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム シナリオ 総合評価
70
プレイ時間・・・12時間程度
※映像〜シナリオは10点満点、総合評価は100点満点
良いです イカンです
・ゲームボーイアドバンスにしてはグラフィックはかなりキレイ。操作性も問題なし。快適に遊べるのがいい。

・スペシャルショットのバランスはゲームキューブ版ほど万能でなくなったのは良かった。1人モードがメインなのでスペシャルショットの演出で一瞬動きが止まるのも気にならない。

・「マリオテニスGB」の続編といった内容で世界観は共通(数年後が舞台)。設定など、ところどころで懐かしいと思えるポイントはある。
・ニンテンドウ64、ゲームキューブのキャメロット製マリオスポーツシリーズ(ゴルフ、テニス)の流れから言って、当然ゲームキューブ版「マリオテニスGC」と接続してキャラを持ってけるもんだと思ってたのに、それが無い。う〜ん・・・。

・試合前後の薄っぺらい会話が無駄に長い。ダラダラと数十秒も続き苦痛。おまけに内容も変化に乏しい。

・このシリーズ共通の不満点だが、マリオが神格化され過ぎてて、違和感バリバリ。世界設定にムリがある。
感想ですたい
 「マリオテニスGC」の携帯機版というよりは「マリオテニスGB」の続編といった感じ。ただ、ゲームキューブ版に育てたキャラを連れて行けないのでモチベーションはイマイチ保てず。単独での出来は悪くはないが、やはり「育成」という最大のウリが削がれたのは痛い。

掲載日:06年3月26日


戻る