マジカルバケーション
メーカー:任天堂
開発:ブラウニーブラウン
機種:ゲームボーイアドバンス
発売年月日:2001年12月7日
価格:4800円
ジャンル:RPG


かいたひと : アルツ=ティッシュマン社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム シナリオ 総合評価
10 87
プレイ時間・・・180時間
※映像〜シナリオは10点満点、総合は100点満点
おおぉ、すんばらしいッ! だめだこりゃ!
・システムが斬新。一応打撃攻撃もあるもののメインは魔法。精霊召喚でダメージを増やしたり、相性を考えてメンバーを入れ替えたりするのが楽しい。

・「裏切り」、「嫉妬」、「三角関係」、「自虐」・・・等、意外と重苦しいテーマも要所要所で盛り込まれたシナリオだが、見た目の可愛らしさがそれを上手く包み込んでいるためか、それほど雰囲気は暗くなってない。

・どこでもセーブできる、戦闘の演出を飛ばしてテンポ良く進める事ができる等、ユーザーに優しい作りは嬉しい。

・非常にボリュームがある。通常のシナリオは勿論、隠しダンジョンや隠しキャラクターも豊富でやり込みがいがある。ボスキャラとして登場する者やイモ虫が仲間になるなど意外性もあって面白い。コンプリートするには数百時間かかるかも!?
・アミーゴ(通信して相手の使える魔法を覚える事ができる機能)を100人分集めなければ魔法をコンプリートできないのはちと不満。まあ、ワシはこのソフトを2本買い、片方を通常用、もう片方をアミーゴ人数稼ぎ人数として無理矢理闇属性覚えたけど(笑)。

・精霊コンボでないとイマイチ、ダメージを稼ぎにくい。一度逃がすと2度と会えない属性の精霊がいるのもちょっと親切じゃないなあ。

・古や風、音等の攻撃範囲が広く追加効果が出るような属性は強過ぎるし、刃、美、虫等の単体攻撃系は弱過ぎる気がするね。

・BGMがやや割れておりよろしくない。敵の種類は多いもののグラフィック流用の色違いが多いのも残念。
感想じゃ
 ややアクの強い内容なので面白いと思えるかどうかはやる人次第だが、完成度はかなり高く、安心して遊ぶことができる。ニンテンドーDSで出ると言う続編も楽しみである。よく出す気になったなぁ(感心)

掲載日:04年9月9日
更新日:05年10月10日


戻る