くるくるくるりん
メーカー:任天堂
開発:エイティング
機種:ゲームボーイアドバンス
発売年月日:2001年3月21日
価格:4800円
ジャンル:アクション(2D)


かいたひと : アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
71
プレイ時間・・・10〜20時間
※映像〜ボリュームは10点満点、総合は100点満点
イイカンジ ダメなカンジ
・回転し続ける乗り物「ヘリリン」を操作し、壁にぶつからずにゴールを目指すというシンプルなルールながら、なかなか熱くなる作品。

・頭にくる。が、絶対クリアでき〜ん、というほど難しいわけではなく、詰まるけどもう一度挑戦したくなる難易度が良いですな。
・先のステージに進んでもあまり変わり映えしないのでどうしても飽きてしまいやすい。ステージ毎にメリハリを付ける工夫が欲しかった所じゃのう。
感想じゃい
任天堂版「電流イライラ棒」って感じかな。まあ、任天堂製ということで、かなりまろやかな内容に仕上がっており誰でも遊べる懐の深さはありますな。ただ、内容が単調なだけに飽きてしまいがち。みっちりやり込むのも悪くは無いが、思い立った時にちょっとずつ遊ぶ、というスタイルの方が合ってるかもしれない。ちょっとした暇潰しにピッタリのゲームです。

掲載日:05年2月5日


機種別一覧に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る