のカービ デラックス
メーカー:任天堂
開発:HAL研究所
機種:ゲームボーイアドバンス
発売年月日:2002年10月25日
価格:4800円
ジャンル:アクション(2D)


かいたひと : アルツ=ティッシュマン社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
80
プレイ時間・・・20時間
※映像〜ボリュームは10点満点、総合は100点満点
イイカンジ ダメなカンジ
・元となったファミコン「夢の泉の物語」のイメージを壊さず、グラフィックとサウンドが大幅にパワーアップ。見た目だけでなく、操作感も向上しており、若干易しめにアレンジされた印象。具体的にはカービィの攻撃判定がかなり強まり、ボスを始めとした敵の動きが少し遅くなった感じ。

・シンプルなミニゲームやボス戦だけを集めた「ボスブッチ」、通常のモードよりも難易度が高い「エキストラモード」や「メタナイトでGO」といったオマケ要素が豊富なのが嬉しい。

・ポーズをかけると見ることができるコピー能力の説明は桜井節が炸裂しており笑える内容のものも多い。まあ、役立つかは別として(笑)。
・オマケは充実しているものの、ファミコンの作品のリメイクということで少々ボリューム面では物足りなさもある。
感想じゃい
 ファミコン版「星のカービィ 夢の泉の物語」のリメイク作品。見た目は勿論、難易度などの細かい部分も色々修正されている。簡単過ぎずムズ過ぎない絶妙なバランスはさすがと言ったところじゃね。リメイク作品の鑑と言える完成度。
 ところで、一部の敵キャラ(スパイニーやローリングタートルね)が別なものに入れ替わってるけど、どうしてなのか気になる。

掲載日:05年2月5日

関連作品のレビューはこちら!
星のカービィ 夢の泉の物語(1993年・FC)

機種別一覧に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る