縮緬遊戯堂 > レビューランド > ゲームボーイアドバンス > 星のカービィ 夢の泉デラックス

のカービィ デラックス
メーカー:任天堂
開発:HAL研究所
機種:ゲームボーイアドバンス
発売年月日:2002年10月25日
価格:4800円
ジャンル:アクション(2D)


執筆: アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
8 7 9 7 8 6 80
プレイ時間…30時間程度
※各項目は10点満点、総合評価は100点満点
良ひ!良ひぞ!!
・元となったファミコンの良作アクション『星のカービィ 夢の泉の物語』のイメージを壊さず、グラフィックとサウンドを底上げした感じ。見た目だけでなく、操作性も向上しており、若干易しめにアレンジされた印象。具体的にはカービィの攻撃判定や運動性能がかなり強まり、ボスを始めとした敵の動きが少し遅く・攻撃が緩くなった感じで。

・シンプルなミニゲームやボス戦だけを集めた『ボスブッチ』、通常のモードよりも難易度が高い『エキストラモード』や『メタナイトでGO』といった本編以外のオマケ要素が豊富。この辺はカービィシリーズ伝統のサービス精神とも言えるか

・ポーズをかけると見ることができるコピー能力の説明は桜井節が炸裂しており笑える内容のものも多い。まあ、役立つかは別として(笑)。
だめでおじゃる。
・オマケは充実しているし色々肉付けはされているものの、まぁ根っこがファミコンのゲームなんで、ということで物量って意味ではどうしても物足りなさもある。

・曲自体は悪くないと思うが、音質はちょっと曇った感じで、スーパーファミコン版と比べるといささか劣るかな、といった感じではある。
感想ターイム!
 ファミコン『夢の泉の物語』のリメイク作品。見た目は勿論、難易度などの細かい部分も色々修正されている。方向性としてはカービィの性能を上げる方向でのバランス取りがなされてる感じ。物量面で少々不満はあるものの、全体としては概ねリメイク作品の鑑と言える完成度かと。

 ところで、一部の敵キャラ(スパイニーやローリングタートルね)が別なものに入れ替わってるけど、どうしてなのか気になる。

掲載日:2005年2月5日
更新日:2018年12月18日


縮緬遊戯堂 > レビューランド > ゲームボーイアドバンス > 星のカービィ 夢の泉デラックス