bit Generations
dotstream

メーカー:任天堂
機種:ゲームボーイアドバンス
発売年月日:2006年7月13日
価格:2000円
ジャンル:レース(横スクロール)


かいたひと : アルツ=ティッシュマン社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
62
プレイ時間・・・10時間程度
※映像〜ボリュームは10点満点、総合は100点満点
ええのぅ いかんのぅ
・ファミコンを髣髴させるよーなグラフィックとピコピコ系BGMは今となってはかえってオシャレ(勿論、ねらって作ってるだろうけどね)。

・緻密なライン取りでCOMマシン(っつってもドットだが)を抜いていくストイックさがいい。見た目に反して結構難易度が高いのでクリアしたときの達成感も上々。
・難易度の上がり方が急なので、途中から全く先に進めなくなってしまう。まー、これは人によりけり、か。反射がモノを言う内容なので出来ない人にはずっとできない。フォローが無いのが不親切。

・操作はシンプルだが、説明書をある程度ちゃんと読まんとワカラン作りなのは不親切。独特の操作スタイルの作品なのでゲーム内で確認できたら良かったのだが。

・面白くないわけじゃないが、2000円はいくらなんでも高過ぎるような。同時に出た作品3本まとめて2980円あたりが妥当じゃない!?
感想じゃけんのう
 アクセルのON/OFFの重要性は皆無でひたすらライン取りを極める。COMの動きを先読みしてラインを変更し無駄なくスピードアップ。こういった切り口のレースゲームって今までありそうでなかったかも。タイムアタックなんかは結構楽しい。ボリューム面は相当難ありで、難易度も高め。同じことをチマチマ遊ぶのが好きな人向けかな。

掲載日:06年8月17日


戻る