悪魔城ドラキュラ
Circle of the Moon

メーカー:コナミ
機種:ゲームボーイアドバンス
発売年月日:2001年3月21日
価格:5800円
ジャンル:アクション(2D)


かいたひと : アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
72
プレイ時間・・・10時間程度
※映像〜ボリュームは10点満点、総合は100点満点
GOODです。 BADです。
・レベル制を採用しており、レベルさえ上げればアクションが苦手な人でもちゃんと先に進める(と思われる)。敵を倒すと入手できるカードを使うと特殊能力が発動するのもユニーク。

・グラフィック、BGMは重厚感があって良い。
・画面の発色がやや暗く、長時間遊ぶと目が疲れる。

・携帯機のゲームにしては価格がやや高い。
総評ばってん。
 ファミコン時代から続く硬派なアクションゲームの流れを汲む作品だけあって、作りは堅実。ハードと同発ながらしっかり遊べる内容になっていると思う。画面がやや暗いので、初代GBAよりはSP、ニンテンドーDSで遊ぶのがオススメ。

掲載日:09年10月12日


機種別一覧に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る