縮緬遊戯堂 > レビューランド > ゲームボーイ > ゼルダの伝説 夢をみる島DX

ゼル説 DX
メーカー:任天堂
開発:任天堂情報開発部
機種:ゲームボーイ
発売年月日:1998年12月12日
価格:3500円
ジャンル:アクションRPG


執筆: アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム シナリオ 総合評価
7 8 9 7 10 7 9 88
プレイ時間…20時間程度
※各項目は10点満点、総合評価は100点満点
すンばらしい!
・モノクロゲームボーイ屈指の傑作『夢をみる島』がゲームボーイカラーのカラー表示に対応して復活。バランスや操作性はオリジナル版から5年を経てもなお古さを感じない。

・難易度はゼルダシリーズとしてはやや低めなので、とっつきやすい内容かと。シリーズ未経験者にもオススメできる内容である。
イカンぞね。
・基本的にはベタ移植の域。オリジナル版をカラーに対応しただけで追加要素がほとんどなく(まったく無いワケではないが…)、『夢をみる島』経験者には物足りなく感じるかも。
感想なり。
 『夢をみる島』のカラー対応移植版。元の作品がハードの性能に頼らない面白さを誇っていたこともあり、発売から時を経ても古さを感じない内容なのは流石と言える。
 追加要素が少ないので、オリジナル版経験者が新たに買うまでの物ではないかもしれないが、未経験者には強くオススメできる内容。後のハードへの移植は基本こちらなので、未経験者の方はレッツプレイですぞ。

掲載日:2009年6月9日
更新日:2018年11月27日


縮緬遊戯堂 > レビューランド > ゲームボーイ > ゼルダの伝説 夢をみる島DX