メーカー:任天堂
開発:任天堂開発第一部
機種:ゲームボーイ
発売年月日:1998年10月21日
価格:3500円
ジャンル:アクション


かいたひと : アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
77
プレイ時間・・・10〜15時間程度
※映像〜ボリュームは10点満点、総合は100点満点
GOO!なところ BOOBOOなところ
・敵の攻撃を受けてもミスにならず、受けた攻撃の種類によってワリオのアクションが変化する「リアクション」が導入されたのがユニーク。ステージ構成もそれらを活かしたパズル的な作りになっていて面白い。

・ゲームボーイカラー対応で残像の少ない画面で遊べるのは嬉しい。
・攻撃を受けてもミスにならないので難易度は低めで緊張感という点ではアクションゲームにしてはちょっと劣る感じ。
感想ですじゃ
 ワリオが主役のアクションゲームとしては2作目にあたる作品だが、敵の攻撃でも死なないという、アクションゲームとしては型破りのルールを引っさげて登場。各種リアクションを使い分けて先に進んでいく感触は今までにない味わいがある。アクションゲームが苦手な人にもお勧めできる良作ゲームですな。

掲載日:08年4月11日


機種別一覧に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る