TOPGEAR POCKET
トップギア・ポケット
メーカー:ケムコ
機種:ゲームボーイ
発売年月日:1999年4月22日
価格:4500円
ジャンル:レース(ラリー)


かいたひと : アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
44
プレイ時間・・・3〜4時間程度
※映像〜ボリュームは10点満点、総合は100点満点
よかですたい。 駄目ですばい。
・キツイカーブでもノーブレーキで豪快に走れるという、シリーズ特有の敷居の低さはこの手のレースゲームに慣れてないユーザーには優しいと思う。手軽に遊べる。

・振動機能は目新しいだけに、最初のうちは驚きはある。
・小さな車がチマチマ走る具合はファミコン級。グランプリモードでも敵車がたま〜に1台ずつ表示される具合で過激なデットヒートも何もない。200キロ出てるとか表示されるけど、相応のスピード感は勿論なし。あまりの素朴さに、開いた口、塞がらず・・・。

・敵マシンに後方からぶつかると何故か速度が一気に0キロになる。ペナルティとしては重すぎではないのか、これは?

・プオ〜〜〜〜ン・・・・・・。レース中は車の軽いエンジン音が鳴ってるだけ。BGMなんて一切なし!!Oh、こりゃ寂し過ぎるぜベイベ!!

・エート、これ、データセーブされないの?表示されるパスワードを入力しないとゲームの進行具合やベストタイムも電源オフすると消えるという、脅威の前時代ぶり。振動機能乗っける前にバックアップ機能搭載しろや・・・(苦笑)。
感想ですじゃ
 やってくれます、ケムコ。小田和正風に言うと、あまりに素朴過ぎて「言葉にならない〜♪」(苦笑)。
 フルスピードでコーナーを疾走するような、手軽な操作性はこのシリーズのいいところだと思うけど、さすがにゲームボーイじゃキツイかな。臨場感もスピード感もありゃしません。音もエンジン音だけがプロロロロ・・・・・・と流れる寂しさよ。ん〜、ハードの選択間違ってる気がしますね〜・・・。
 振動機能とか斬新な機能を搭載してるのに肝心要のセーブ機能が無いなど、アンバランスさも哀愁が漂ってる感じが。あな、もどかし・・・。

掲載日:2010年8月14日


機種別一覧に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る