メーカー:カプコン
開発:ミッチェル
機種:ゲームボーイ(カラー対応)
発売年月日:2000年3月17日
価格:3800円
ジャンル:パズル


かいたひと : アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
56
プレイ時間・・・5〜6時間程度
※映像〜ボリュームは10点満点、総合は100点満点
GOOなところ BOOBOOなところ
・同じ色の玉を3つ以上並べると消せるというルールはシンプルで分かりやすい。

・連鎖がうまく決まったときの爽快感が良い。

・ゲームボーイという機種を考慮してか、玉に模様が描いてある。判別しやすく◎。
・ピンチになると立て直すのが難しいバランス。らせん上のフィールドという関係上、必然的に内側ほど円が小さく、ボールを打ち込む選択肢が極端に少なくなってしまい、余計な色の玉を撃たねばならずピンチが拡大する。その上、玉を撃つとその分、前進してしまう問題もあり、一度ピンチになると回避し辛いのがイタイ。

・解像度の関係で仕方ないのだろうが、他機種版よりもフィールドが狭い。

・BGMのループが短く、単調過ぎる気がする。
感想ですじゃ
 アーケードからの移植作ということもあり、見た目よりも硬派。ルール自体はシンプルなのだが、ズンズンと玉が押し寄せてくるのであんまり考えている余裕が無い。コアゲーマー向けの内容か。

掲載日:09年9月14日

関連作品のレビューはこちら!
パズループ (2000年・PS)


機種別一覧に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る