ポケットモンスター 
メーカー:任天堂
開発:ゲームフリーク、クリーチャーズ
機種:ゲームボーイ
発売年月日:1999年11月21日
価格:3800円
ジャンル:RPG(収集・育成)


かいたひと : アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム シナリオ 総合評価
10 91
プレイ時間・・・150時間以上
※映像〜シナリオは10点満点、総合は100点満点
よいところじゃ!! だめなとこじゃ!!
・前作「赤」、「緑」から約100種類ポケモンの種類が増え集める楽しさがアップ。

・「あく」タイプの導入、「とくこう」と「とくぼう」のパラメータを分けるなど、前作で強過ぎたエスパータイプを弱める対策がなされているなど(それでもエスパータイプは強いけど)、対戦のバランスが良くなった。

・時計が内蔵されており、時間帯によって出てくるポケモンが変わるのは面白い試み。

・メニュー画面や戦闘でボタンが勝手に連打されてしまう現象などが改善された等、操作性が良くなった。

・シナリオクリア後は前作の舞台に乗り込むことができると言う衝撃の豪華特典。100%再現でなく、一部カットされたマップもあったにはあったが、「GB ROMの少ない容量によくぞここまで入れられたもんだ」と感心したもんですな。
・良い点でも挙げた時計機能搭載による仕組みだが、日中忙しい人は夜しか遊べず、昼しか出ないポケモンを見つけられないなどの弊害も(夜遊べないお子様などは、その逆もありえますなあ)。
アルツのかんそう!!
 ワシ的に一番はまったポケモンはこれだな。目新しい点は少ないのだが、色々細かい部分が改善・バージョンアップしており、非常に遊びやすいのだ。続編としては理想的な仕上がりと言えるだろうね。以降のポケモンは色々と入手機会の限定された隠しポケモンが増えたり、難易度が徐々に上がって行ったりで本格的にハマることは無かった(今のところは)。
脱線:「キンタマ」ネタは今作が最初だっただろうか?洞窟にたたずむハゲ親父・・・。
「それは おじさんの きんのたま!! ゆうこうに かつようして くれ! おじさんの きんのたま だからね!!」
(注:きんのたま…何も効果は無いが高く売れるアイテム)
 無論、直接「男性の急所」を指してはいないのだが、嫌でも意識させてくれるこの書き様。馬鹿臭い事この上ないが、こういう下ネタに弱いんだなあ、ワシは(苦笑)・・・。思考回路が小学生並な証かもしれん・・・。

掲載日:07年5月7日


機種別一覧に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る