メーカー:任天堂
開発:インテリジェントシステムズ、任天堂開発第一部
機種:ゲームボーイ(カラー専用)
発売年月日:2000年9月21日
価格:3800円
ジャンル:パズル


かいたひと : アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
76
プレイ時間・・・5〜6時間程度
※映像〜ボリュームは10点満点、総合は100点満点
いいところだぜ! わるいところだぜ!
-これまでのシリーズ作品と同様の点-
・パネルが上から降ってくる「落ちモノ」ではなく地面からパネルが上がって来る「せり上がりモノ」。連鎖を組む事で高得点や相手への効果的な攻撃が期待できるが、面白いのはパネルが落ちる前のごく短い時間にとっさに下のパネルを揃えることで後だし連鎖を繰り出せる事(アクティブ連鎖)。このシステムによってスリルが格段に増し、通常では考えられないほどの連鎖を繰り出す事ができるようになると楽しくなってくる。

-新たに感じたこと-
・ゲームボーイカラー専用であるため、画面がカラフルで見やすいのがいい。

・連鎖を組むことでポケモンをゲットできるなどポケモンらしい要素も。ジムトレーナーとの勝ち抜きモードのような「ヨッシーのパネポン」にはなかったモードも用意されている。
・アクティブ連鎖を組めるようになるまでは面白さを存分に味わうことができない。そこに至るまでの導入部分がユーザーに丸投げな点がちょっと不親切だと思う。
アルツの感想!
 「パネルでポン」の移植作品。ゲームボーイでは過去にベタ移植の「ヨッシーのパネポン」があったが、今回はポケモンらしい要素もあり、オリジナリティあふれる内容になっているのがいいね。ゲームボーイカラー専用なので画面が見やすくなったのもナイス。

掲載日:08年3月5日

関連作品のレビューはこちら!
パネルでポン (1995年・SFC)
ヨッシーのパネポン (1996年・GB)


機種別一覧に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る