パックパニック
メーカー:ナムコ
機種:ゲームボーイ
発売年月日:1994年12月9日
価格:3500円
ジャンル:パズル(落ちモノ)


執筆: アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
7 8 7 7 6 5 70
プレイ時間…7〜8時間程度
※各項目は10点満点、総合評価は100点満点
良かですたい!
・降ってくるモノには2種類あり、通常のブロックは横1列に並べれば消える。モンスターはたまに降ってくるパックマン(重力に従いそのまま下に走り、接地すると降ってくる時に向いていた方向に走る)に食わせないと消えない…と言う、結構特殊な条件になっている。パックマンの動きの法則性を考慮すると連なった直線状(曲がってもいいがなるべく分岐させない)ように繋げて一気に食わせるのが良いっぽい。うまくブロックを組み合わせて細長〜くモンスターだけで列を作り、一度にドカドカっと食わせ、更に隙間になったところに積んでいたブロックが埋まってバーっとブロックが消滅すると、うむ!!爽快ですな!ゲーム自体はキャラ替えの移植だが、キャラクターに合った美味いアレンジだと思う。

・キャラクターの動きはちまちましてるけども、結構細かく動く手が込んでいる作り。良い意味でパックマンらしい。BGMのちまちま感と合わせて、レトロな感じを醸しだしてるのが実にいい味。
ダメですばい。
・良い点でも挙げたブロック消去の法則だが、この手のジャンルのゲームの中では消える条件そのものが難しいので、ピンチに陥るとその状況から抜け出しにくい。妖精が降ってきて付近の行のモンスターを大量に消してくれる事もあるのだが、任意発動はできないので、それもねらいにくい。

・通常のスコアアタックの他に『ぷよぷよ』とかで言う『なぞぷよ』みたいなモードも入っているが、全体としてのボリュームはそれほどでもない。同時期のGBのゲームと比べて明らかに物量面が劣るって位でもないが、優れてるとも言い難い。
感想ですけん。
 大昔にゲオのワゴンで買って以来、ずっとほったらかしだったソフト(ゲオの商品のラベルから察するに北海道に居た頃だから2000年くらいに買ったソフトだ!!懐かしいぞ!)。
 アーケードとかで出てた『コズモギャング・ザ・パズル』のキャラ差し替え版との事だが、意外とこちらパックマンの方がキャラ的にはしっくり来てるのは不思議。ちまっとしたグラフィック(まぁ、簡素に見えるが実は意外と凝ってる)がいかにもパックマンらしくて良し。この手のジャンルにしてはシンプルなルールとは言い難いが、その辺りが長所でもあり短所でもあり。テトリスに始まる落ちモノ系ブームで色んなゲームが乱発され、中には酷いのも結構あったと記憶しているが、このソフトは流石のナムコ製(最近はアレだが…)、一本のゲームとしてしっかり完成度の高い作りになっているとは思う。

掲載日:2014年7月7日


機種別一覧(GB)に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る