ゲームボーイウォーズTURBO
メーカー:ハドソン
監修:任天堂、インテリジェントシステムズ
機種:ゲームボーイ
発売年月日:1997年6月27日
価格:4410円
ジャンル:シミュレーション


かいたひと : アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
71
プレイ時間・・・15〜20時間程度
※映像〜ボリュームは10点満点、総合は100点満点
よい わるい
・基本的には「ゲームボーイウォーズ」と同内容で作りはベーシックで遊びやすい。

・思考時間が大幅に短くなり、遊びやすくなったのが大きな長所。
・ほとんど6年前と同じ内容の作品なのに、価格が上がってるのはちょっと納得できないかも。

・使いどころが見当たらないカスユニットがある。
感想
 ハドソンの「どうせ出さないならウチで作らせてくださいよ」という提案で任天堂がシリーズをレンタルに出した・・・らしい作品。
 「ゲームボーイウォーズ」は思考時間がとにかく長くて快適に遊べなかったが、今作では「TURBO」と名乗るだけあってかなり改善されておりサクサク遊べる様になった。元の出来はいいのでこれで安心して遊べるってものですな。

掲載日:09年11月2日

関連作品のレビューはこちら!
ゲームボーイウォーズ (1991年・GB)


機種別一覧に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る