メーカー:任天堂
開発:任天堂開発第一部
機種:ゲームボーイ
発売年月日:1990年7月27日
価格:2600円
ジャンル:パズル(落ちモノ)


かいたひと : アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
10 78
プレイ時間・・・20時間程度
※映像〜ボリュームは10点満点、総合は100点満点
いいねぃ!たまらんぜぃ! べらんめい!いけねえぜぃ!
・縦か横に4つ以上同じ色のウイルス・カプセルを揃えれば消せるというシンプルさが◎。ゲームボーイ版は白黒だから見にくい、とかいうこともなく安心。たまにやると妙にはまったりするから不思議。

・延々と聞いているうちにちょっと洗脳されそうな感じの奇妙なBGM、プチプチした独特の効果音がたまらない。ゲームボーイ版は連鎖時の効果音が豊富に用意されていて一番出来がいい。4連鎖以上すると派手にウイルスが暴れる演出なども隠されているのがちょっと嬉しい。

・対戦相手の画面が見えないという点で、他機種版よりスリルがある。
・連鎖を組むのが少々面倒。3連鎖以上は適当にやっててもまず出ないのでしっかり手順を踏む必要がある。その辺の敷居の高さとかがちょっともったいないかも。

・他機種版と異なり、対戦に人数分のカートリッジとケーブルが必要という点ではコストがかかる。
感想などなどじゃい
 名作パズルのドクターマリオもこのゲームボーイ版とファミコン版が最初。いろんな機種でたくさん出てる「ドクターマリオ」だけど、手軽さとBGMのクオリティの高さという点から個人的にはこのゲームボーイ版が一番お気に入りだったりする。ファミコン版とほぼ同内容であるが、前述のBGMの出来の差とソフトの価格の差から、こちらの方に点を上乗せしておく。

掲載日:09年6月18日


機種別一覧に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る