ドンキーコングランド
メーカー:任天堂
開発:レア社
機種:ゲームボーイ
発売年月日:1996年11月23日
価格:3000円
ジャンル:アクション(2D)


かいたひと : アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
61
プレイ時間・・・7〜8時間程度
※映像〜ボリュームは10点満点、総合は100点満点
GOODダゼ BADダゼ
・ゲームボーイの作品にしてはグラフィックは描き込まれている。アニメパターンの豊富さが魅力。

・ステージ数はそこそこ。
・背景とキャラクターの区別がつきづらく、見づらいのが困る。

・基本的にはスーパーファミコン版「2」の移植なので新鮮味が無い。
こめんとジャイ
 ゲームボーイの前作「スーパードンキーコングGB」と大体同様。アクションゲームとしてはそこそこ良く出来ているが、白黒なので見づらさがあり遊びづらい。基本的には「2」の移植だが、思い入れが無ければ素直にスーパーファミコン版を遊んだ方が良い。

掲載日:09年10月12日

関連作品のレビューはこちら!
スーパードンキーコング2 ディクシー&ディディー (1995年・SFC)
スーパードンキーコングGB (1995年・GB)



機種別一覧に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る