ドンキーコング
メーカー:任天堂
開発:任天堂情報開発部、パックスソフトニカ
機種:ゲームボーイ
発売年月日:1994年6月14日
価格:3900円
ジャンル:アクション(2D)


かいたひと : アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
85
プレイ時間・・・30時間程度
※映像〜ボリュームは10点満点、総合は100点満点
良いとこアル! ダメなとこアル!
・ファミコンの「ドンキーコング」の移植+大幅なコース追加で、画面内の好きな場所に床やハシゴを設置できるアイテムやドンキーとの直接対決ステージ等の新要素、物を持つ・投げる、逆立ち、大ジャンプ等の新アクションも追加されている。

・全100面あり、携帯機のゲームにしてはなかなかボリュームがある。どちらかと言うとパズル要素が強く、1ステージあたりのプレイ時間が短いので手軽に遊べる。アクションゲームが苦手な人でもそれなりに楽しめる内容かと。

・当時のゲームボーイの液晶の残像が残りやすいという性質を考慮してか激しいスクロールが無いのは嬉しい。
・4ステージごとにセーブはできるがもっと自由に中断できればなお良かった。

・物語はひたすらドンキーコングを追っていくだけなのでアクションゲームにもストーリーを追求する人には退屈な展開かも。マリオにそれを期待するのは酷だと思うけど(笑)。
感想なり
 ファミコン初期の作品「ドンキーコング」の移植、と思いきや、面数が100用意されていたり、アクションが色々追加されていたり、ほとんど新作だったりする。パズル的色合いの濃い良作アクションですな。

掲載日:04年9月1日
更新日:08年1月7日


機種別一覧に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る