トレード&バトル
カードヒーロー

メーカー:任天堂
開発:任天堂開発第一部、インテリジェントシステムズ
機種:ゲームボーイ
発売年月日:2000年2月1日
価格:3800円
ジャンル:カード


かいたひと : アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
10 10 91
プレイ時間・・・100時間以上
※映像〜ボリュームは10点満点、総合は100点満点
素晴らしいとこ ここは直してくれよぅ
・良く練りこまれたゲームシステムが秀逸。レベルアップやストーンの移動、ランダム要素などはビデオゲームならではのもので、カードゲームの良さとテレビゲームの良さを上手く融合させている。非常に奥が深く、露骨な相性の良し悪しが無いのは好印象。遊ぶ人ごとにデッキがまったく違ってくるのが面白い。

・シナリオを通してゲームのルールを自然に学べる親切設計。エンディング後が真骨頂。キャラのセリフに毒があるのもMy好み。

・グラフィックは全体的にショボいものの、なかなか味わい深い妙なセンスが光る。狙って作ってる感じも強い。個人的にはチマチマした独特の感じが好きだ。
・キー入力に対する反応が鈍い感じで操作感がやや悪い。

・COMの対戦相手の思考時間が長め。ただ、「考え中」とか表示されるあたりがちょっと憎めない。

・シニアクラス以上の上級クラスだと1回のバトルの時間が長くなりがち。
感想じゃい
 これは掘り出し物だったねえ。オリジナルのカードゲームとしては最高級のできだと思うぜよ!・・・って、ワシはそんなにカードゲームやってないからそう言うのもナンだけどね(笑)。
 とにかく、見た目のショボさで敬遠したら勿体無い。ここまでじっくり練りこまれたゲームにはそうは会えませんぞ。ニンテンドーDSあたりで「2」の発売を期待したいところです。

掲載日:04年7月3日
更新日:05年8月3日


機種別一覧に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る