アイスクライマー(ディスク版)
メーカー:任天堂
機種:ファミリーコンピュータ ディスクシステム
発売年月日:1988年11月18日
価格:500円
ジャンル:アクション(2D)


執筆: アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
6 8 7 8 6 6 75
プレイ時間…7〜8時間程度
※各項目は10点満点、総合評価は100点満点
ここがすごいんです
・ファミコン版と比べまだクセは残ってるが、やたら横移動が困難なジャンプや上の段差に上がるときの判定の厳しさなど、操作性が改善されている分だけ、かなり遊びやすくなっている。上の段に上がる事がゲームの柱になってる本作では些細な変更ながら結構嬉しい部分。この一点だけでファミコン版よりかなり上の完成度って言ってよろしいかと。

・ディスク版は吹雪で流されるとか敵や足場の雲の動きがトリッキーになってるだとか新たな仕掛けが用意されているのが楽しい(難易度を引き上げる方向の仕掛けが多いのは辛いが)。

・難しいけどクリアが不可能な無理ゲーではない。ヘタレ系ゲーマーの筆者でも(昔は)一応クリアできたんで、大概の人なら頑張れば大丈夫…だと思う。たぶん。

・スクロールに取り残されると即死になる関係上、壮絶な殺し合いになる2人プレイのカオスっぷりは健在。初期の任天堂2P同時プレイはホント、リアルファイト系多いですな(苦笑)。ま、アルツ個人+周囲の人間は穏やかな(…というかどっかぬけた)性格の人間が多いんで喧嘩にまではなりませんでしたけど。
ここが困るんです
・ムズい。ファミコン版の時点で結構な難易度だったが、こちらは更に難易度が上がっている部分がある。挙動の改善で若干楽になった分を仕掛けの凶悪さで上げてる感じなので、難易度的にはどっこいどっこいか。

・ステージ開始時の待ち時間がファミコンカセット版よりちょっとだけ長い(他のディスクシステムのゲームなんかよりは全然マシだが)。

・雑魚のアザラシが丸っこいイエティに変わってるが、個人的にはアザラシの方がかわいい。いや…ま、完全に好みの問題だが。
感想ですけん。
 先に出たカセット版と同名ながら、こちらの内容はアーケード版準拠で操作性の部分が飛躍的に改善してる分だけ完成度は圧倒的にこっちの方が上。しかしどういうわけか、ファミコンミニでもWii/3DS/WiiUバーチャルコンソールでも意固地なまでにこちらディスク版を発売してくれない。わざわざ劣化版ばっかり力入れてるんだけど、これ、なんで?プログラムを外注に出してて権利関係でも複雑なのか?どうもその変がナゾです。

掲載日:2015年2月9日


機種別一覧(FC)に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る