ファミコン探偵倶楽部
消えた後継者 前・後編

メーカー:任天堂
機種:ファミリーコンピュータ ディスクシステム
発売年月日:1988年4月27日(前編)・8月12日(後編)
価格:各2600円
ジャンル:アドベンチャー


かいたひと : アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム シナリオ 総合評価
82
プレイ時間・・・10時間程度
※映像〜ボリュームは10点満点、総合は100点満点
いいところじゃあ! これはイカンのじゃあ!
・怖さがウリのゲームはグラフィックだとかサウンドだとかの演出面、もしくはプレイヤーが弱い事(できる行動が限られている)等で表現されてることが多いのだが、この作品の怖さは純粋にテキストの積み重ね・展開の巧みさ・雰囲気で攻めてくる怖さ。世界観の構築の手法は見事の一言。探偵モノ自体は珍しくないが出来は一級品。ありがちで陳腐な物では決してない。

・場面ごとにアクセントを効かせたBGMはいい仕事をしてると言える。
・絵柄が典型的な80年代のアニメ物と同じテイストなので、古さを感じないと言えばウソになる。

・前後編に別れてるのが面倒と言えば面倒。揃えるとなるとディスクとは言えども結構お高くなるのよね〜・・・。
感想じゃい
 典型的なテキストタイプのアドベンチャーゲームでシステム的には特別新しい事はやっていないと思われるが、全体的に見せ方が巧く、遊んでいて緊張の糸が切れないような展開なのが素晴らしい。
 最近の任天堂はこの作品のような直球勝負のテキスト型のアドベンチャーゲームを出してくれないのが寂しい。この作品のディレクターの坂本賀勇氏はず〜っと前のなんだかのインタビューにて「現在の任天堂の客層に合わないから」と仰っていたが、DS普及に伴い、ユーザーも厚みを増したはず。アクション要素が皆無なので反射神経の良さは要求されず、内容次第では結構イケると思うんですケド・・・。
 続編なんて出ないと思われた「パンチアウト」や「パルテナの鏡」でさえ、近年新作が出た or 出る見込み。立体表示ができるハードなら臨場感も格段に上がるだろうし、新ハード「ニンテンドー3DS」で念願の新作はいかがでしょう、任天堂さん?

掲載日:2010年10月2日


機種別一覧に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る