のカービ 
メーカー:任天堂
開発:HAL研究所、任天堂 情報開発部
機種:ファミリーコンピュータ
発売年月日:1993年3月23日
価格:6500円
ジャンル:アクション(2D)


かいたひと : アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
10 89
プレイ時間・・・20〜30時間
※映像〜ボリュームは10点満点、総合は100点満点
イイカンジ ダメなカンジ
・敵の攻撃方法を自分のモノにする「コピー」能力が新登場。これで攻略の幅がグンと広まった。見た目、効果共にバリエーションが豊富で楽しい。

・「ファミコンの限界にチャレンジ!」といった具合の細部まで丁寧に描き込まれたグラフィックが美しい。特定の面では背景の多重スクロールにもチャレンジしており、凝ってるなあ、と思った。サウンド面もかなりいい感じです。

・ステージ数が多く、敵の配置や謎解きの難易度のバランスも良好。クリア後にはハードモード等のオマケも出てくるので長く遊べるのも良い。
・難易度はやや低めなので「アクションゲームは歯ごたえが全て!!」という硬派な人には向かん気もする。
感想他諸々じゃい
 カービィの横スクロールアクションとしては2作目に当たる。スーパーファミコン全盛期にファミコンで登場した作品ではあるためやや目立たなかったが、良くできている。見た目で子供向けと判断して遊ばないのは勿体無いと思うヨ。

掲載日:05年8月3日
更新日:07年9月25日


機種別一覧に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る