メーカー:任天堂
開発:インテリジェントシステムズ、任天堂開発第一部
機種:ファミリーコンピュータ
発売年月日:1992年3月14日
価格:6800円
ジャンル:シミュレーションRPG


執筆: アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム シナリオ 総合評価
6 9 7 9 8 9 8 87
プレイ時間…300時間以上
※各項目は10点満点、総合評価は100点満点
よいところ
・前作とは異なり、フィールドを自由に主人公を動かし移動できる事、人間だけでなくモンスターが敵として現れる事、武器の使用回数の制限が無くなった事など、前作よりもありがちなRPG寄りのシステムを採用。難易度が下がり全体的にまろやかな仕上がり。 同じマップを何度も遊ぶことでかなり自由にユニットを育てる事ができるので、自分のレベルに合わせてある程度難易度を調整できるのも初心者やシリーズ経験の少ないプレイヤーにも優しい。一方で一切稼ぎ無しで遊べば初代FE程の高難度で楽しむ事も可能。

・アルムとセリカ、主人公が2人おり、それぞれが別に進軍する展開が面白い。物理攻撃ユニットの多いアルム軍、魔法ユニットが多いセリカ軍という個性があるのも良い。

・グラフィックは全体的にはそれほど綺麗な部類でもないと思うが、キャラのドット画の出来は前作よりかなり上がっているように感じる。戦闘のアニメなんかも凝った作りになっているので、たまにはアニメONで楽しんでいただきたい作り(大抵の人は戦闘アニメOFFで遊んじゃうでしょうからネ…)。

・前作「暗黒竜と光の剣」とはストーリーや登場人物に一部繋がりがあり、前作を遊んでいるとニヤリとできるシーンもある。物語の根幹には影響のないサイドストーリーながら、その設定にはグッとくるものがあります。
こまったところ
・殆ど平地のみというマップの作りが単調ゆえ、戦略を組み立てる重要性が薄めなのがチト物足りないような気がする。どちらかというとユニットの強さに依存する力押しの戦闘(こちらが一気に圧倒するか、稼ぎが足りなければ敵に一気に圧倒されるか)が展開されやすい。自由に稼げてしまう反面、ある程度自分で縛りをかけないとファイアーエムブレム本来のシビアさがあまり感じられないのは欠点と言えば欠点か。

・様々な職種へと自由にクラスチェンジできる「村人」の存在は面白いが、職種ごとの格差がやたら大きいせいで自ら制限をかけるとかでなければほぼ魔戦士一択(剣士系、歩兵の癖に馬から見劣りしない脅威の脚力、山や沼など地形変化に強い、武器の呪いを受けない、全体的に隙の無いパラメータ、通常は一切底上げできない魔防へ+15なるべらぼうなボーナス加算、複数回CC可能、魔戦士→村人の無限ループで簡単にオール40ユニット作成可能などなど、やたらとぶっ飛んだ性能)。よって、効率や強さを考えると実はそれほど選択肢の幅は広くないなど、改善の余地が結構ある。

・前作よりかなり進化しているとは言え、グラフィックはやっぱり全体的にはちんまい。スーパーファミコンが既に出ている事もあるし、同じファミコンのメジャーどころタイトルと比較しても見劣りする事が多かった。
感想ですけん。
 「外伝」というタイトルの通り、ファイアーエムブレムシリーズの他の作品とは毛色が異なる作品。自由に経験値稼ぎし易い分だけ前作よりも難易度が低く通常のRPGに近い作り。シミュレーションが苦手な人でもシステムに慣れさえすればしっかり楽しめるのではなかろうか。ワシは最強ユニット育成やレアアイテム収集に没頭しておりました。

掲載日:2005年2月13日
更新日:2014年11月17日


機種別一覧(FC)に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る