メーカー:任天堂
開発:任天堂開発第一部
機種:ファミリーコンピュータ
発売年月日:1990年7月27日
価格:4900円
ジャンル:パズル(落ちモノ)


かいたひと : アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
70
プレイ時間・・・20〜30時間程度
※映像〜ボリュームは10点満点、総合は100点満点
いいねぃ!たまらんぜぃ! べらんめい!いけねえぜぃ!
・カプセルを重ね、縦か横に4つ以上同じ色を揃えればウイルスを消すことが出来るというシンプルさが良い。1人用は地道にコツコツ消していく展開になりがちだが、たまにやると妙にはまったりするから不思議。

・延々と聞いているうちにちょっと洗脳されそうな感じの奇妙なBGM、プチプチした独特の効果音がたまらない。

・しっかり2人対戦可能であるのが嬉しい。ファミコンのパズル物では対戦できるものってありそうで無いからね。
・余計なカプセルを画面上部に積まないことがクリアへの早道であるため、特に1人用では連鎖を組むよりもコツコツと安全優先で地道に消すという地味な展開になりがち。テトリスやぷよぷよ、パネポン等ほどの爽快感は無い。

・連鎖を組むのが面倒過ぎる。対戦でもさっさと消した方が早い事が多く、確実性も無いため使い道は少ない(連鎖くんで邪魔したつもりでも相手に都合の良い色が降る可能性もあるし)。高得点狙い専用になってしまってるのが惜しい。とりあえず、ワシの腕前ではね。
感想などなどじゃい
 任天堂のオリジナル落ちモノ第一弾。内容自体はそれほど目新しい点は無いのじゃけど、時々妙にやりたくなってくるという中毒性がある良作パズルゲームだと思いますぞ。みんなでプチプチ細菌を潰そう!(微妙な表現だ)

掲載日:05年9月18日
更新日:06年8月8日


機種別一覧に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る