縮緬遊戯堂 > レビューランド > ファミリーコンピュータ > バルーンファイト


メーカー:任天堂
機種:ファミリーコンピュータ
発売年月日:1985年1月22日
価格:4500円
ジャンル:アクション(2D)


執筆: アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
7 8 8 8 7 5 74
プレイ時間…15〜20時間程度
※各項目は10点満点、総合評価は100点満点
よひのじゃあ!
・浮遊感のある独特の操作感が良い。感覚をうまく表現している感じがある。下記の通りかなりクセがあるのでもどかしくもあるが、そのもどかしさ自体もゲーム性と思えるデザインとなっているのは秀逸かと。

・風船を付けて空を飛ぶデザインが絵的にどこかシュールさがあって面白い。キャラの動きも凝ってるしかわいらしい。

・ファミコン初期〜中期で2人同時に遊べるタイトルっていうとマリオブラザーズやアイスクライマーがあるが、こちら『バルーンファイト』もそれら同様に協力して進むもよし、邪魔し合って池に叩き落とすもよしで、楽しみ方に幅があるのが嬉しい。

・素朴なBGMは味がある。
イカンですきにー。
・慣性が強めに働く操作感が独特で、慣れるまでは難しい。

・ファミコン初期の作品だけあって、ボリューム面では若干難あり。
おうよ、感想ばい。
 任天堂の社長まで務めた当時HAL研究所のプログラマーだったいわっち(岩田聡氏)がプログラムを担当したファミコン初期のアクションゲーム。
 風船を付けた自キャラを操作するのだが、慣性が非常に強く作用する独特の操作感が良くも悪くも味。この浮遊感は慣れるとなかなかクセになる。シンプルながら楽しいファミコン初期の良作と言えそうな。同時期の任天堂のゲームで多く見られた2人同時プレイに対応していて協力も対戦でも楽しめる作りも良し。

掲載日:2008年5月22日
更新日:2018年9月25日


縮緬遊戯堂 > レビューランド > ファミリーコンピュータ > バルーンファイト