直感ヒトフデ
メーカー:任天堂
開発:ミッチェル
機種:ニンテンドーDS
発売年月日:2004年12月2日
価格:3800円
ジャンル:パズル


かいたひと : アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
64
プレイ時間・・・10〜15時間
※映像〜ボリュームは10点満点、総合は100点満点
ここがいいんです ここが困るんです
・今までありそうでなかったタイプのゲーム。タッチパネルしか用いない(ポーズの時はスタートボタンも使うけど)ゲームデザインには脱帽。しっかりゲームとして成立してるのはスゴイ。

・派手さはなく、最初のウチはあまり面白さを感じないタイプの作品だが、ある程度慣れてくるとジワジワと面白さが滲み出てくる。
・演出が地味すぎて爽快感に乏しい。いくら白黒とは言え、「斑鳩(トレジャー製のシューティング)」のようなハイセンスのものもあるのだから、もうちょっと頑張ってもらいたかったぜよ。

・通常のモードのほかにも一筆でクリアしていく面クリア型のモードもある。しかし、全体的にできる事が少なく、コストパフォーマンスはあまりよろしくない。

・難易度の上昇の仕方がかなり急なので、ある程度のレベル以上に進める気がしない。

・プレイスタイルの関係上、揺れる場所ではほとんど遊べない。携帯機だけど家以外では遊べそうもない。

・全消しのボーナスが高いのでじっくり考えて一筆で消すより、落ちてきたパネルからガンガン消した方が高得点になってしまうのはどうかと。もっとも、中盤以降のバランスはそこまでたどり着けんからわからんけど。
感想じゃい
 見た目が地味な分、損をしている感じはあるが、目の付け所は面白いし慣れてくるとなかなか楽しい。しかし、爆発的な面白さはなく、良くも悪くも小粒。練り込み具合もイマイチといった印象ですなぁ。もっと上手くなればその印象も変わるかもしんないけど、ユーザを突き放した内容ゆえ、モチーベーションが維持できぬ。

掲載日:05年8月3日


機種別一覧に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る