タッチ!カービィ
メーカー:任天堂
開発:HAL研究所
機種:ニンテンドーDS
発売年月日:2005年3月24日
価格:4800円
ジャンル:アクション(2D)


かいたひと : アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
10 80
プレイ時間・・・15時間程度
※映像〜ボリュームは10点満点、総合は100点満点
ベリーグッド!!な ところ Oh、ダメね・・・な ところ
・タッチペンを使って派手に画面を突付く!突付く!!カービィを好き勝手に動かせないことが、かえって絶妙なスリル感を生み出してる感じですな。カービィを突付いてダッシュ、敵を突付いて足止め、画面に線を引いてカービィを誘導、仕掛けを突付いて道を切り開く等、やる事が多くて忙しいのだが、難易度の上がり方が絶妙なので苦にならないのがイイ。

・とにかくグラフィックが凝ってる!地形や背景の描きこみは今までに無いタッチのものであり、ある意味、ゲームグラフィックという枠からはみ出た内容とも言える。水彩画的であったり、現代アート風だったり、ドットを強調したものだったり・・・、バリエーションも様々で見ているだけでも楽しい。グラフィックの進化ってポリゴンがどうこうとかって言う方向に流れがちだけど、こういった方向の進化も大いにありだと思うし、この部分だけでも見る価値は充分ある。

・グラフィック同様、BGMも結構風変わりな印象。大半が過去の作品からのアレンジだが、これまでのカービィシリーズとはかなり異なる趣の曲調が多く、かなり新鮮な気分で聴けたね。
・大半のBGMが過去作からのアレンジなのが残念。聞いてて懐かしさはあるのだがもっと新曲が多くても良かったかなぁ?あと、ノイズが強めに入っててのがね。そこんとこが減点材料。

・ボスゲームで突然に操作方法やカービィの動きが切り替わるので、結構戸惑う。

・操作しなくても勝手にカービィが転がってしまう分、制御が難しい。

・ボスゲーム「ペイントローラー」の一筆書きの認識率の低さにはイライラした。点の当たり判定が大きい事と、点で一度筆を止める必要がある事が原因!?
感想じゃ
 カービィシリーズは本流のアクション系のほかに、カービィを玉に見立てたゲームとあるわけだが、今作は久しぶりの後者のタイトル。なかなか奇抜な内容に仕上がってて刺激的。難易度が高めで忙しい操作が要求されるので近年のカービィシリーズにしては敷居は高いが、ニンテンドーDS初期の良作と言えそう。

掲載日:06年10月22日


機種別一覧に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る