テ ト リ ス デ ィ ー エ ス
TETRIS DS
メーカー:任天堂
開発:任天堂企画開発本部
機種:ニンテンドーDS
発売年月日:2006年4月27日
価格:3800円
ジャンル:パズル(落ちモノ)


広告(良かったら買ってくれぃ)

執筆: アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
8 7 8 7 7 5 76
プレイ時間…20時間程度
※各項目は10点満点、総合評価は100点満点
THE よいトコ
・ドンキーコングやスーパーマリオ、ゼルダの伝説、メトロイドといったファミコン初期〜中期の作品がアレンジされたBGMや背景グラフィックが良い味。この辺は任天堂ならではであり、ある意味ジジイホイホイでズルい仕様でもある。

・Wi-Fi対戦が面白い。対戦相手の強さを選べないのでなかなか勝てなかったりもするが、それはそれで楽しかったりもする。

・対戦の際は上画面に相手の様子が映し出されるのが便利でこれは2画面のニンテンドーDSならでは。2画面の利用方法としてはベタなんだろうけど、攻撃のタイミングをはかったりするのに意外と重宝する。

・様々なゲームモードがある。どれも「スタンダード(通常のテトリス)」程の熱中度は無いものの、ちょっとしたヒマつぶしには丁度良い内容となっている。

・操作性の良さは家庭用のテトリスとしてはそれなりに良好。ただ、若干キーレスポンスの重さもあるんで、軽快さって点ではアリカの『グランドマスター』よりは見劣りする。
THE イカンとこ
・悪名高いテトリスの駄作『テトリスワールド』の「いつまでもピースを回転させ続ける事ができる」という仕様がこの作品でも適応されている。これは落ちモノである存在意義を薄めて緊張感を削ぐ著しい欠陥仕様だと思う。版権を持つザ・テトリスカンパニーの押し付けゆえ、任天堂がそれを分かってたとしてもどうしようも無いのだろうケド。逆に言えばその制約付きでしっかり遊べる内容に仕上げてある辺りは凄いとも言えるか。

・1人用の懐かしい上画面の演出も、余裕が無くてゲーム開始直後以外は見ていられないのが惜しい。って言うか、高レベルで見ていられる人いるのかな?ま、世の中広いからな、きっといるんだろな。

・Wi-Fi対戦でで相手のレベルを選べない、待ち時間が長いなどの欠点もあるが、オンライン料金がタダなのでそこまで要求するのは酷か?ただ、チート野郎が野放しで敵フィールドはテトリス棒しか出ないとか出くわすと流石に閉口。なんとかならんかったものか。

・オールドゲーマーには懐かしい演出も、パターンの少なさからか思ったより飽きがきやすい。古さと懐かしさは紙一重。
感想ぉぉ〜う。
 テトリスカンパニールールの「ピースを無限に回転させられる」なるクソ仕様を押し付けられているが、それ込みでもしっかり遊べる内容に仕上がってるあたり、任天堂の底力にゃ感心させられる(笑)。

 オフラインで黙々と遊ぶ分にはややボリューム不足の感もあるが、懐かしさ全開の背景&グラフィック等、(あんま見てる余裕は無いが)楽しみどころがあるのがちょっとお得。手軽に楽しめるって点で、従来のゲームファンだけでなく、脳トレやnintendogsなどからニンテンドーDSに入門した方々にも向いてると思われますぞ。

掲載日:2006年5月20日
更新日:2018年1月23日


機種別一覧(ニンテンドーDS)に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る