スーパーマリオ64DS
メーカー:任天堂
開発:任天堂情報開発本部
機種:ニンテンドーDS
発売年月日:2004年12月2日
価格:4800円
ジャンル:アクション(3D)


執筆: アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
6 9 5 6 7 7 68
プレイ時間…20〜30時間程度
※各項目は10点満点、総合評価は100点満点
よかですたい。
・ボタン一つでカメラが後ろに回りこむようになり、タッチパネルで好きな角度分だけ視点を回転させることができる。オリジナル版に比べればカメラ操作が多少楽になっているように感じた。

・サウンド面はニンテンドウ64版のものを完全再現したと言って差し支えない完成度。サラウンドなので迫力も違う。基本的に劣化移植に留まっている本作において純粋に驚けた数少ない要素。

・表示可能なポリゴン数が増えたことやスタッフの技術の向上により、キャラクターのモデリングはかなり向上している(ただDSではアンチエイリアス機能が無いため画質自体は粗く、一長一短ではある)。

・豊富に用意されたミニゲームはタッチパネルをメインに使っており、直感的に遊べるシンプルさが嬉しい。玉石混淆といった印象だが、まぁ新しいデバイスの顔見せ・チュートリアルとしては良かったのかもしんない。
だめですばい。
・元のスーパーマリオ64が3Dスティックなるスムーズなアナログ入力可能なコントローラによって成り立っていたゲームだけに、アナログスティックの無いニンテンドーDSでは操作性の劣化が激しい。十字キーモードはそもそも細かい操作に向いていない。移動スピードの調整は気になるくらいでもないが、進む角度が45度刻みゆえ細かい調整が利かず厳しい。またカメラの自動的な移動に伴うマリオの移動方向の変化にも調子が狂う。真っ直ぐ走るのに苦労した場面も少なくなかった。複数のボタンの組み合わせでアクションを出し分ける際のY・Aボタンを同時に押す操作(離れていて押しづらい)等、ボタン配置を変える等工夫の余地はあったと思う。アナログの代替操作としてのタッチ操作は慣れれば一応は細かい操作も可能になるが、マップが切り替わると勝手にニュートラルポジションがリセットされたり、走っていくうちにニュートラルポジションがずれていくあたりにクセが強く馴染みにくい。
→ニンテンドーDSにもすっかり慣れた現在でもやっぱり操作感は非常によろしくないと感じますな。最大の原因はN64の3Dスティックなどのアナログスティック異なり、手にフィードバックが戻ってこないことでしょうな。アナログスティックはバネによって傾けるほど位置をニュートラルに戻そうとする力が自然に働くのに対し、タッチパネルによる操作にはそれが無いのが痛かったのかもしれんね。どうしても反応が後手後手になってしまうのだ。(2006/2/22追記)

・キャラは4名用意されているが、マリオのモーションが流用であり違和感がある。外見がマリオと似ているルイージやワリオはそれほどでもないが、ヨッシーには悪いけど合ってると言い難い。

・キャラを増やしたのは良いのだが、思ったよりも新鮮味が無い。キャラ毎のアクションの挙動は元となるマリオから変えられてはいるものの、メタルや透明などの変身をマリオから分離し他のキャラに振り分けただけなので、手抜きくさい。アレンジとしては半端だと思う。
感想なり。
 取説を見ると、オリジナルの『スーパーマリオ64』よりもスタッフが多いしその分の手間もかけてるのだろうが、そこまで力を入れても基本的には劣化移植の域に留まる印象。この程度の完成度であればムリに名作の移植を狙わず、ハードの身の丈に合った完全新作を作った方が良かったように思うな。

 まぁ、ニンテンドウ64版を遊んだユーザにゃには不満点が多過ぎるだろうがが、元の作品を遊んだ事の無いプレイヤーさんにならそこそこオススメできる、って感じかもしんない。

掲載日:2004年12月20日
更新日:2017年11月7日


機種別一覧(DS)に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る