シムシティDS
Sim city

メーカー:エレクトロニック・アーツ
機種:ニンテンドーDS
発売年月日:2007年4月22日
価格:4980円
ジャンル:シミュレーション


かいたひと : アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
63
プレイ時間・・・15〜20時間程度
※映像〜ボリュームは10点満点、総合は100点満点
良かったとこ ダメだと思うとこ
・シムシティを携帯機で遊べる。意識すべき事柄が多く最初のうちは大変だが、町がうまく育ってくれるとその過程が楽しいのはシリーズ作品と同等。

・ニンテンドーDSの作品にしてはグラフィックは健闘してる部類か。
・アドバイザーは的確な助言を全然出してくれず(基本的にプレイヤーを褒めるだけ。あってもアバウト過ぎることが多し)、役に立つとは言い難い。あと、キャラクターデザインが全体的にちょっと気持ち悪い。

・セーブやロードに時間がかかる。街が発展してくると処理落ちが目立つのも難点。育成途中の街のセーブデータが1つしか用意されていないのはかなり不満。

・町を発展させるのに必要な要素がたくさんあり、覚えるのが大変。個人的には任天堂版SFC「シムシティ」くらいアレンジ・簡略化されてる方が分かり易くて良い。

・タッチペン操作は意外と細かい操作がやり辛かったり。タッチペン操作だけでなく、キー操作にも対応してほしかった。
感想也。
 このシリーズを遊んだのはPC版の「3000」以来かな(その他はスーパーファミコン版「シムシティ」とイマジニアから出た「2000」)。個人的にはちょっとこのシリーズは複雑に感じていて、スーパーファミコン版くらいアレンジされてた物の方が楽しめたんだけど、これはこれで慣れればそこそこ(人口数十万クラス)までは町を発展させられ、その経過を楽しめるのはいい。携帯機ながらそれなりに雰囲気は味わえる。ただ、快適さや操作性に難があるのが残念。
 個人的にはもう一度、任天堂が手がけたバージョンを遊んでみたいなあ、・・・と思いました(任天堂版はアレンジの仕方が上手く、遊び易いのがいい)。Wiiあたりで出ないかねぇ?発売したら買うのに。それか、処理速度を活かしてPS3や箱360等の大容量・高性能機で出してくれてもいいんだけどなぁ。

掲載日:09年2月7日


機種別一覧に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る