世界樹の迷宮
メーカー:アトラス
機種:ニンテンドーDS
発売年月日:2007年1月18日
価格:5229円
ジャンル:RPG


かいたひと : アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム シナリオ 総合評価
73
プレイ時間・・・15〜20時間くらい
※映像〜シナリオは10点満点、総合は100点満点
いいカンジ だめなカンジ
・ユーザを突き放した難易度とちょっと荒めのゲームバランスは、最近のゆるめのゲームに慣れた身には逆に新鮮に感じられたりもする。特に、ライトユーザ向けの作品が多いニンテンドーDSでは、ここまで手強く、それでいて一定以上の完成度を誇る作品ってのは珍しいんじゃないかな。

・チビチビと手書きでマップを書いていく「作業感」が意外とイケる。

・過剰な演出がないため、テンポが良い。

・遠景まで表示されないのは気になったが、3Dで表現されたダンジョンのグラフィックはニンテンドーDSにしては綺麗。まぁ、頑張ってる部類か。
・バランス的にちょっと荒削りな面があり、気になる。例としては、レベルアップで鍛えられるスキルの中に全く役に立たないものがあったりとか、序盤では毒のダメージで即死したりとか。

・操作面で不満点が多い。ステータス画面でLRボタンで順送り・逆送りできないとか、装備がパーティ編成画面でしかできないとか。

・セーブデータが一個しか無い。中断機能も無い。ちょっと不親切ね。

・ストーリー的な盛り上がりは皆無。まぁ、元からストーリーで押すタイプのゲームでないことは承知してるけどね。
感想なり
 難易度が高い事自体は否定しないが、操作しにくい部分が多いのがちょっと困りモノ。
 正直なところ、一部、ネット上で騒がれてるような神ゲーだとは思えない()。されど、尖った個性のある、良く出来たゲームではあると思う。「ゲームは手強い方がいいぜぃ!」って思える方々には特にオススメできる内容ですな。

掲載日:07年3月7日


機種別一覧に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る