パワフルゴルフ
メーカー:コナミ
開発:コナミ パワプロプロダクション
機種:ニンテンドーDS
発売年月日:2011年3月17日
価格:5250円
ジャンル:スポーツ


かいたひと : アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
82
プレイ時間・・・10〜15時間程度
※映像〜ボリュームは10点満点、総合は100点満点
良いでやんす! 駄目でやんす。
・操作自体はパワーゲージをタイミング良く止めると言う、他のゴルフゲームに則った作り。ただ、傾斜があったりライの状態が悪いと打点が打つ際にグニャグニャと逃げ回ったりする(笑)ので、プレイ感覚はなかなか斬新に思えたり。ショットそのものが他のゴルフゲームよりもかなり難しめの設定。いかにプレイヤーキャラの能力を上げようとある程度プレイヤー自身の操作の技量が伴わないとフェアウェイからのなんてことのないショットでもミスしてしまったり、常に緊張感のあるプレイができる。

・他のゴルフゲームで育成モードがあると、飛距離・コントロールとか基本的な能力を伸ばしていくだけのものが大半だと思うが、このゲームのサクセスでは本家パワプロのように、基礎能力以外にも『ラフに強い』とか『バンカーに強い』とか特殊能力を自分で付けれるのが面白い。他のゴルフゲームだと極めて来ると飛距離偏重型が結局一番強かったりするが、この作品ではとことんパワーのみにつぎ込んでもそれほど飛距離が出ない事もあり、必ずしも『飛距離=強さ』の図式になっていないのも良し。

・任天堂の携帯機で出てるので『パワポケ』の系統に近いのかなと思いきや、思ったよりも本家『パワプロ』寄りのテイスト。パワポケはちょっと内容が黒過ぎて人を選ぶ面があるんで、1作目としてはこれで良いと思う。
・サクセスモードで自分好みの性能を持ったキャラを作れるのは良いのだが、野球と違って個人競技なんでポジションとかあるでもなく、ある程度満足の行くキャラを1人作ってしまうと「もういいや」って思えてしまう。この辺りでもうひと工夫あって「いや、まだだ、もう一人作るで!!」とか思える作りならなお良かったけど・・・贅沢な注文かな?

・常に気が抜けないってのは良い点でもあるのだが、ちょっと気を抜くとあっけなくポシャったりバンカーで目玉になったりして、それが更にミスを呼び大崩れなんてザラなんで、常にミスせぬよう緊張しっぱなしを強いられる。少々精神的に疲れるのもまた事実。

・マッチプレイなどで顕著なのだが、プレイヤーが切り替わる度に数秒の読み込みが入り、テンポが悪い。光ディスクメディアならともかく、せめて半導体メディアのゲームくらいは読み込み待ち無しで遊びたいんだがなぁ。

・出たハードを考慮すればグラフィックも頑張ってる部類だとは思うが、2011年時点で初代DSの映像ではやはり他よりも見劣りするのも確か。できれば3DSクラスの処理能力を持った機械で遊びたかったところだが・・・売れてないから続編は厳しいか!?
れびゅーノ進歩ニ感想ハツキモノデース。
 野球ゲームばっかり作ってたパワプロプロダクションが何を思ったかゴルフゲームをリリース。しかし、意外と言っては失礼かもしれんが、1作目にしてはやけにこなれた作りと言うか、意外と隙の無い内容に仕上がってるように思える。
 フェアウェイの普通のショットのはずなのに、ちょっとした油断が死を招く、常に緊張感のあるショットのシステムだとか、ゴルフゲームで最終的に落ち着きがちな『飛距離=強さ』を打ち崩そうとしているように思えるバランスだとか、なかなか意欲的な出来栄え。
 ワゴンで安く売ってたからあんまり期待してなかったけど、いやー・・・こいつはなかなか楽しいです。続編・・・出ないかね?

掲載日:2012年10月29日


機種別一覧に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る