縮緬遊戯堂 > レビューランド > ニンテンドーDS > ポケモンダッシュ


メーカー:ポケモン
開発:アンブレラ、クリーチャーズ
機種:ニンテンドーDS
発売年月日:2004年12月2日
価格:4800円
ジャンル:レース(見下ろし型)


広告(良かったら買ってくれぃ)
 
日本版 海外版
(ま、どっちでもツマランけどな)

執筆: アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
4 6 4 4 5 2 36
プレイ時間…4〜5時間程度
※各項目は10点満点、総合評価は100点満点
ピーピカチュウ!(少しは褒めてやる)
・大体の操作はタッチペンだけで行えるので分かりやすい。まぁ一応シンプルにまとまってはいる。洗練はされとらんが。

・ポケモンの仕草がかわいい。タイトル画面のピカチュウもいい(ゲーム中は一切顔見れんけどな!)。
ピィ……カァ!!(悔い改めよ)
・基本となるシステム中に欠陥が多いのが気になる。まず、決められたポイントを順番に踏んでいくというルールだが、次にどこを目指せばよいか分かりにくい。また、見下ろし型であるため、スピード感やスリルに乏しいのも減点材料。ステージス数の多さやゲームボーイアドバンス版の読み込みで増えるコースも、ギミックの少なさからやることが何処も変わらず、飽きがくるのが早い。

・そもそもピカチュウをひたすら突付いて走らせる必然性に乏しい。洗練されているとは言い難く、そもそも別に面白くも何ともない。ただぱっと見珍しいだけである。任天堂のダメなギミックゲーの典型だが、このゲームの場合、ホント面白みが無い。珍しさも数分やりゃ慣れる。

・タッチの連打速度が求められる都合上、タッチパネルを力任せに連打する必要に迫られるゆえ、ニンテンドーDS本体にかかる負担も相応に大きい(タッチパネルに保護シートを張っていない場合、まず確実にキズだらけになるだろうね)。

・ポケモンとか折角くさる程に種類がいるのに、あろう事かピカチュウ1種類しか使えないのが超絶ガッカリポイント。他のポケモンとかタダの障害物扱いで、レースしてるって感覚も湧きづらい。いや、操作は忙しいけども。

・見下ろし型の視点なので、パッケージイラストみたいな迫力のある展開は到底期待できず、ちんまいピカチュウをひたすらツンツンするだけである。

・こんだけ薄っぺらで物量皆無で一発ネタみたいな内容でお値段は驚異の5000円。正直10分の1でも高い。これで5000円近く取ろうっていう神経の太さは凄い。
ピカピィカァ!(感想である)
 ニンテンドーDSと同時発売かつポケットモンスター関連の作品ということで、そこそこヒットしたゲームだと思うのだが、任天堂のダメなギミックゲーそのまんまの悪癖『ギミックに振り回されてるだけで面白さが微塵も無い』、これに尽きる。質の面でも量の面でも十分な出来に程遠く、飽きがくるのが異常に早い。

 DSで任天堂製のレースゲームなら『マリオカート』なりの出来の良い作品があるので、コレクション目的でなければ、あえてこの作品を選ぶ必要も無かろう。ポケモンである必要性すら無い。これ、よく任天堂の品質チェック通ったよな、って逆に感心するレベルのゲームではあった。いやー、こんなもん、発売させる前にストップかけようよ。ホント…(苦笑)。

掲載日:2007年8月17日
更新日:2018年12月4日


縮緬遊戯堂 > レビューランド > ニンテンドーDS > ポケモンダッシュ