M A R I O  K A R T
DS
メーカー:任天堂
開発:任天堂情報開発本部
機種:ニンテンドーDS
発売年月日:2005年12月8日
価格:4800円
ジャンル:レース(コミカル)


かいたひと : アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
91
プレイ時間・・・100時間以上
※映像〜ボリュームは10点満点、総合は100点満点
サイコー だめやん
・これまでのシリーズと比較して飛躍的に進化している点は無いものの、全体的に丁寧に作られており好感が持てる。与えられた目標をコツコツクリアしていく「ミッションラン」モードの追加や全コースでゴーストセーブ可能になったこと、「VS」や「バトル」がCOM相手に遊べるようになったことなど、細かい部分での進化も見逃せない。後述のオンライン要素を抜きにして考えても文句無しに完成度は高く、シリーズの集大成といった印象。

・「ニンテンドーWi-fiコネクション」によって実現したオンラインモードの敷居の低さはまさに驚異的。これまでのオンラインゲームはゲーム内に暗黙の裏校則チックなユーザー間の決め事があったり、やたらと気を使ったりするのがイヤだった。だが、本作では極限まで「対戦すること」のみに特化した仕様により、それらの煩わしさを見事に解消している。オンラインゲームでは必須だったチャット機能さえ無いのだが、それが逆にいいのだ(鬱陶しい連中の相手しなくてすむからね)。今までのシリーズでは自分より上手い相手に出会う事はなかったのだが、今回は世界中の猛者といつでも好きな時に気兼ねなく(←これが大きい)対戦することができる!これが追加料金無しで遊べるんだから、時代も変わったものだとつくづく思うね。スーパーファミコン版を遊んでた頃には、マリオカートがこんな進化を遂げるなんて想像もできなかった!

・お世辞にも性能が良いとは言えないDSで毎秒60フレームの描画を実現しているのは素晴らしいですな。滑らかなスクロールはやはり快適である。キャラクターに使われているポリゴン数はかなり少ないが、気にならない程度。
・「直線でドリフト→ミニターボ」の連続発動で加速という仕様は健在だが、あれは勘弁してもらいたい。上級者と初心者の障壁を無くす方向にシステムを進化させていってる割にはこいつだけは残してるという(できないからって言ってるワケじゃないよ!)。あと、そのせいでミニターボ性能が悪いカートもしくは重量級カートの存在意義がほとんど無くなってしまっており、Wi-fiでのカートの選択が加速・ターボ・ダート走行の優秀な「卵カートor掃除機or戦車」の数種類に限定されているのがもったいなさ過ぎ。これじゃ沢山カートある意味無いじゃん!
・前作「ダブルダッシュ」程ではないが、ひどい時には1レース中で3回も4回も回避不能なトゲゾー甲羅が飛んでくるのには流石にイライラする。勝てないバランスでないのは救いだけど。

・Wi-fi対戦モードで選択可能なコースが少ないのが惜しい。対戦相手をサーチするのにかかる時間もチト長いかと。バトルができないのも残念。ま、料金タダなのに文句ブーブー言うのも悪いか(笑)。

・散々遊び倒した過去のコースを16も入れるよりゃ、新規コースがもう何個か多い方が素直に楽しめた気がする。
感想じゃ
 内容はシリーズのイイトコ取り的な感じで大きく進化した印象は無いのだが、これまでのシリーズの不満点が細部まで改善されており完成度は非常に高い。ベリィグーです。
 そして念願のオンライン対応(しかもタダ!)。ほかのユーザーと余計な気遣いナシでガンガン遊べる仕様は好感が持てるね。遠くに住んでる友人との対戦も手軽に行えるため、ワシ、アルツは友人のスミス殿、シュン殿、シュン殿の弟と一時期はかなり遊んでました。
 あえて文句を言うならオンラインでのバランス面がやや崩れ気味(上級者に有利過ぎる仕様)ってことかな。

掲載日:05年12月17日
更新日:08年4月2日

関連作品のレビューはこちら!
マリオカート ダブルダッシュ!! (2003年・GC)


機種別一覧に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る