きみのためなら死ねる
メーカー:セガ
開発:ソニックチーム
機種:ニンテンドーDS
発売年月日:2004年12月2日
価格:5040円
ジャンル:アクション(バラエティ)


かいたひと : アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
73
プレイ時間・・・7〜8時間
※映像〜ボリュームは10点満点、総合は100点満点
サイコー だめやん
・とにかく、演出面でのインパクトが非常に強い。ノリノリのBGMや効果音にシルエットで描かれたオシャレなグラフィック。ちょっぴりエッチな描写やタッチパネルを使ったミニゲームがスケベ心をくすぐります。お馬鹿な展開のストーリーにも魅力アリ。

・バランス面でのツメの甘さはあるものの、操作方法自体はシンプルにまとめられており、大体のミニゲームは直感的に遊べるのが嬉しい。
・バランス面での荒削りさが目立つ。ミニゲームの難易度が高かったり、一部のミニゲームがクリア方法がわかり辛かったりする等、かなりゲーム慣れしている人でないとクリアは難しいような気もする。反面、簡単過ぎて作業に感じられるものもあったり。そのあたりのバランス調整の甘さがちょっと惜しい。

・コスチュームの入手条件がきつ過ぎるよ〜。
感想じゃ
 ミニゲームの集合体という形態は「メイドインワリオ」に似通っているが、完成度的には「メイドインワリオ」の方が上。だが、ハイテンションでちょっぴりアダルトなノリは体験する価値アリ、と言ったところか。洗脳されそうな雰囲気がタマランのです。

掲載日:05年8月21日


機種別一覧に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る