東北大学未来科学技術共同研究センター
川島隆太教授監修を鍛える
大人DSトレーニング

メーカー:任天堂
機種:ニンテンドーDS
発売年月日:2005年5月19日
価格:2800円
ジャンル:トレーニング(脳活性)


かいたひと : アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
88
プレイ時間・・・約20時間
※映像〜ボリュームは10点満点、総合は100点満点
サイコー だめやん
・実際に脳の働きが良くなっているかはあまり実感が湧かないが、「頭を使ってるなぁ」という感覚はそこそこ強い。過去の結果がグラフで見れるのも面白い。2画面やタッチパネルや音声認識の機能をフルに用いており、まさにニンテンドーDSならではの作品って感じです。

・ポリゴンで描かれた川島教授だが、意外と愛嬌のある動きをする。ってゆーか、カワイイ(←コラ)。教授のポリゴンに限らず、グラフィックやサウンド等の演出面は派手ではないが良好。見易くまとめられていたり、色んな遊び要素が隠されていたりで好印象。

・価格の安さが嬉しい。
・大きな支障は無いものの音声認識と仮名入力の精度が低いのが気になった。

・脳年齢テストの試験項目がランダムなので結果は運に左右されやすい。また、通常のトレーニングでも、2桁の計算が多く出ると調子が良くてもタイムは必然的に下がりがち。その辺のバランスをもうちょっと何とかして欲しかった。

・本体を横にして持つため疲れる。普通のゲームボーイアドバンスなら気にならなかっただろうが、ニンテンドーDSって結構重いからなぁ。

・タイトルがやたら長い。
感想じゃ
 同名の書籍のゲーム化なのだが、ゲームならではの要素も多く飽きさせない作りが見事な一品でございました。これは掘り出し物だったね。
 ちなみに、ワシの脳年齢は20〜38歳。出題試験にかなり左右されてます。記憶力関係のテストがキツイみたい。長期的な傾向として良くも悪くもなってない気がするが、悪くなってないだけいいとするか。

掲載日:05年8月21日
更新日:05年10月29日


機種別一覧に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る