メーカー:セガ
開発:ネバーランドカンパニー
監修:チュンソフト
機種:ドリームキャスト
発売年月日:2002年2月7日
価格:6800円
ジャンル:RPG


かいたひと : アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム シナリオ 総合評価
10 87
プレイ時間・・・120時間程度
※映像〜シナリオは10点満点、総合評価は100点満点
カーッ、ここは良かったッ! あちゃぁ・・・こりゃじゃーイカンぞ!
・ダンジョンの種類が豊富。天輪国上級をクリアすると一旦エンディングを迎えるが、そこまではほんの入り口で、さらに9つのダンジョンが用意されているのには驚き。特に罠を駆使する、杖や巻物だけで先を目指す今までにあったタイプの特殊ダンジョンに加え、秘技と呼ばれる技を使うことができる「クロンの試練」といった斬新なものも用意されている。全体を通してみれば特に目新しいシステムは追加されておらず新鮮味、インパクトという点では過去の作品に及ばない。されどこれまでの作品のいいとこ取りといった感じの豪華な作りで、ジックリドップリ心行くまで不思議のダンジョンを満喫できる作りなのが嬉しい。

・見た目は前作「風来のシレン2」に似ているが完全2Dとなっている。派手さは無いが細かい描き込みが美しい。また、操作性が向上したのは嬉しい。
・ロードやセーブにかかる時間が非常に長く、快適性ではいまひとつ、と言ったところ。

・合成の印を増やしたり、腕輪を壊れなくしたりするアイテム「風魔石」がレアすぎる。縛りが強過ぎて自由に合成する楽しみが味わえないのが残念。

・最近の不思議のダンジョンシリーズではお馴染みの初心者向けの導入ダンジョンは用意されておらず、最初から難易度は高め。ワシは元祖からの常連だから大丈夫だが、この作品から入る人にとってはキツいかも。その辺のバランス調整の突き放しっぷりは「さすがセガ!」といった感じじゃな。
感想じゃい
 今回は「不思議のダンジョン」シリーズにしては、これといって目新しい要素は無い。だけど、いろんなダンジョンが豊富に用意されており、これまで以上に長く遊べる作りなのがいいね。数ある「シレン」シリーズの中でもかなりお気に入りの作品です。

掲載日:04年9月15日
更新日:08年1月28日

関連作品のレビューはこちら!
風来のシレン2 鬼襲来!シレン城!! (2000年・N64)


機種別一覧に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る