ぷよぷよ〜ん
メーカー:セガ
開発:コンパイル
機種:ドリームキャスト
発売年月日:1999年3月4日
ジャンル:パズル(落ちモノ)


かいたひと : アルツ=ティッシュマン社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
77
プレイ時間・・・30時間
※映像〜ボリュームは10点満点、総合は100点満点
すばらしいのぅ! ざんねんむねん
・「一定時間おじゃまぷよを降らせなくする」、「おじゃまぷよを消す」、「フィールドの真ん中に溝を作る」といった、キャラ毎に異なる特技が用意されていること。ある程度腕の差をチャラにしてくれるので対戦が盛り上がりやすい。

・今までのシリーズとは違い、キャラのイラストがリアルタッチに。全体的に透明感のある美しいグラフィックがいい感じです。
・ロード時間がやや長い。

・良かった点とダブる部分もあるが、等身が上がったキャラが今までのノリで漫才デモを繰り広げるのはやや違和感がある。

・パーティゲームとしては良いが、賑やかになった分、「ぷよぷよ通」の頃の純粋に連鎖を組んで攻撃&防御するという、ある種のストイックさは無くなったかも。

・この作品を最後にコンパイルがぷよぷよの開発から離れてしまったのはちょっと残念。

掲載日:04年7月13日
更新日:04年12月5日


戻る