ポケモンGO
メーカー:ポケモン
開発:ナイアンティック社
機種:Android/iOS
発売年月日:2016年7月22日
価格:基本無料(アイテム課金)
ジャンル:AR


広告(良かったら買ってくれぃ)

自転車用スマホ固定スタンド

執筆: こうちゃ関西営業所長  (暫定評価)

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
7 7 5 9 6 8 65
プレイ時間…5〜6時間程度
※各項目は10点満点、総合評価は100点満点
ピッピカチュウ!(良いところ。)
・実際にスマホを持って歩いてポケモンを探しに行くという、これまでにはまるで無かったゲームシステム。誰でも分かりやすくてインパクトがあり、普段の世界と連携する仕様はとても斬新で面白い。

・ARモードというスマホのカメラと連携して実際の風景にポケモンを映し出すという技術があり、さらにポケモンを身近に感じやすい。写真も撮れるので、このあたりは本当にゲームに親近感がわきやすいなと思う。

・曲も外でやる事が大変多いゲームシステムだからか、あまり主張しすぎないような曲が多い。昔のポケモンのリメイク曲も使用されており、悪くない。逆にポケモンの鳴き声等の効果音は大きめで聞き取りやすいのは二重丸。

・課金をしなくてもポケストップでアイテムがわりと手に入り、無課金でも快適にプレイしやすい。もちろん課金すればさらに楽にはなるものの、基本的に歩き回って楽しむゲームなので根本的な面白さは変わらない。
ピィ〜カ〜チュ〜…(ダメなところ。)
・このゲームは以前から世間的に問題になっている『ながらスマホ』を誘発させやすい。これはポケモンGOにおける最大の短所であり、問題点である。ゲームシステム自体は別に歩きながらでなくとも止まってスマホを使っても全く問題ないのだが、しょっちゅう移動しなければならないという仕様のせいで歩きスマホ等の、いわゆる『ながらスマホ』が生じやすい。気をつけてプレイするようにゲーム中でも言われるものの、そんな事を気にせずにプレイする人も世の中にはたくさんいる訳で…。このあたりの対策が少なくともゲーム中ではしっかりできていない。

・出現するポケモンの時間、地域等はある程度決まっており、誰でも簡単にコンプリートする事が出来る訳ではない。様々な場所へ行く事が出来ない人や、一人で夜中にうろついてポケモンを探しに行きにくいような子供等にとっては特にキツい。

・ポケストップといういわゆるアイテム等が貰える場所は基本的に都会には多いものの、田舎には設置数がかなり少ないので住んでいる場所によってゲームの進めやすさが変わってしまうという妙な現象がある。都会住みがかなり優遇され、田舎住みにとっては辛い仕様になっている。

・チュートリアルが不親切。主人公の姿を作ったらサッサと説明されるくらいでわりとすぐ世界へ投げ出される。ゲーム中でのヒントも少なめなので、この辺の不親切さはちょっと(悪い意味で)意外。
ピィカァ!ピカピカ!(感想です。)
 完全に社会現象になってしまったポケモンGO。様々なメディアに取り上げられ、任天堂の歴史どころか世の中の歴史にも少なからず残るのではないかというほど話題になった。

 まだまだ発展途上中のゲームなので暫定評価でしかないが、とにかくギミック満載のこれまでにはなかったようなゲームである。歩き回るという楽しさというのはビデオゲームとはまるで違う方向性の面白さをとても感じる。
 一方で歩きスマホが生じやすいという最大の問題点はやはり気になる。何しろ、本当に配信した次の日からポケモンGOをやっているであろう人が歩きスマホをしているのをよく見かけた程であった。ついつい気になってしまうのは分かるものの、これは非常に問題である。
 実際にプレイする人のモラルの問題ではあるが、それでもゲーム自体がもっと抑制させるようなシステムを入れられなかったのか?とは思ってしまう。外を歩き回るというのが最大の長所にも短所にも繋がってしまっているのはなんとも皮肉である。

 チュートリアルの不親切さや場所ごとの格差もやはり気になる。ド田舎だとマジにポケストップもジムもないしなあ…。逆にある程度、人が集まる場所では途端に便利になる。

 取り合えず流行りのモノを調べるためにプレイしてみたものの、基本的に家でドカッとソファーに座りながらゲームをやる主義の自分にはそこまでは合わないように思う。出掛ける先でサクッと出来るようなゲームとも言い切れないので、意外にも長期に渡ってプレイするには人を選ぶゲームなのではないかと思われる。

掲載日:2016年5月23日


機種別一覧(And/iOS)に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る