ファイアーエムブレムif
白夜王国/暗夜王国

メーカー:任天堂
開発:インテリジェントシステムズ、任天堂企画開発本部
機種:ニンテンドー3DS
発売年月日:2015年6月25日
価格:各4700円
ジャンル:シミュレーションRPG


執筆: アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム シナリオ 総合評価
8 9 10 7 8 9 6 86
プレイ時間…850〜900時間程度
※各項目は10点満点、総合評価は100点満点
陛下っ!素晴らしいですぞ!
《システム・UI・バランス関連》
・武器の相性やスキル、更には特効ダメージなど、ユニットや武器同士の相性の差が非常に大きく出るよう変更されたためか、一部の育ったユニットだけによる力押しの攻略が通用しにくくなったように思えるのは好印象。場の状況に応じた適切な使い分けが必要って意味では、前作の単調さを払拭できていると思う。ヌルい方のモードでもそこそこ手応えを感じられるようになったのは率直に、良かった。緩い方でもそれなりに手応えのある作りってのが達成出来ている点は素晴らしい。近年のFEで薄味になっていた一手一手の重さが久しぶりに味わえるバランスな気はする。

・シリーズ伝統のUIの出来の好さや軽快さは健在で、ストレスを感じさせない作りになっているのは良し。前作よりもシステム面は複雑化したが、特に思考速度が落ちたとかも感じさせず、上々の出来。

・まぁこれも「いつもどおり」ではあるが、ほぼロードゼロの快適さも嬉しい。

・武器の持つ特殊効果やヒット時のプラス・マイナス効果やスキルの発動など、テクニカルに立ち回りを要求される事が増えたようには思う。前作:覚醒の壮絶(だけど単調)なパワーゲームに比べると、かなり味付けは変わったかな…と言う印象。シミュレーションゲームとしてあれこれ考えさせられる部分が増えたって意味では歓迎したい。

・シミュレーションRPGはプレイヤー毎の腕前の差が大きくなりがちなジャンルだけに、難しさの調整やユニットロスト時の判定など幅広い難易度が用意されている配慮は良いと思う。このシリーズに関してはこの部分は徹底してるから言われるまでもないだろうが、初心者やヘタクソさんへの配慮は今後も忘れないで欲しい。

・白黒分けての売り方には文句はあるが、バランス的に見れば同一内容の色違いではなく、味付け自体が異なる手の込んだ作りであり、そう言った意味では、分けて売ったからこそできた大胆なバランス調整だったのかな、という気はする。

《シナリオ・テキスト関連》
・たぶんシリーズで初の外部シナリオライターの招聘。FEというシリーズ以上のビッグネームな人を呼んでくる事には不安を覚えた(その人のご機嫌伺いで滅茶苦茶にされそうで)んだが、まぁところどころFEらしくない部分はあるにせよ思いの外、真っ当に出来ていて安心感はあった。

・支援会話は内容面で少し改善したかなぁとは思った。「収録された声に縛られて薄いんだろ」とか前作の時点でレビューで文句言ってたわけですけども、今回は声が無い代わりにテキスト自体は良くなった。結構ピンポイントな修正点なんで…えーとまさか、FEのスタッフさん、ここのページ(攻略とレビュー)ご覧になってたりします?←(んなわけ)ナイ

《グラフィック・サウンド関連》
・地味にムービーの出来は良い。立体視を活かした迫力ある手法は3DSならでは。変にくどくもなく、長さとしても適度な部類か。個人的にはムービーなんてオマケって捉え方だから、当レビューコーナーでも別に大きく加点要素に加えてもいないけど、印象自体は悪くはない。

・サウンドは前作のテイストの延長上であんまり主張してくる類の曲調ではないけど、出来自体はよろしいのではないかと思う。メインテーマもしっくり馴染んでいて良かった。曲まで変に萌えとか路線に傾かれたら興ざめもいいところだった(苦笑)。

・前作は立体視が崩れやすく目に来やすかったけど、今回はスタッフが作り慣れてきたおかげか見え方も自然で効果的にも良好。
敵襲!そんなんじゃダメですぞ!
《売り方関連》
・んー…アレだ、売り方。まずはこの部分に触れずにはいられんですなあ。白バージョンと黒バージョンに分け、選んでない方はDLコンテンツとして2000円で買わせるやり方。そしてスペシャル版と銘打ってやたら少数に数を絞って転売屋ばかりが潤う、この商法。作品自体が良くてもシリーズの看板や任天堂自身に猛烈にヘイトが向かうこのやり方はユーザの神経を逆撫でし過ぎで、あまりにもリスキーなやり方としか思えない。もちろん、筆者としても非常に印象は良くない。しかも海外ではこの売り方しないかも(≒日本のマニアだけそれだけ軽く見られてる)ってのが余計腹立たしい。ユーザの利益だとかゲームとしての深さではなく、任天堂自身が儲けるため(≒利益率の高いDL販売に誘導し、その分利益を上乗せできる)っていう都合ばかりが前面に出た売り方であり、断じて正常なあり方ではない。最近の任天堂って「オタ向けならある程度搾取しても許される」とか捉えられるフシがあり、この部分が非常に危なっかしい。

・amiiboはそもそも需要に対して供給数が殆ど追いついてない。限定版同様にamiiboもボッタクリ価格での転売が常態化していて、一向に改善される見込みがない。欲しい人に適正な価格で行き渡る配慮・施策をしっかり行うべき。これも相当、ユーザ側にとっちゃストレスの元だな。「amiiboが売れてる」とかニヤつく前に、まずは客の元にしっかり届けられるようになってからアレコレ仕込めとか思うんだが。

・パッケージの時点で結構な搾取仕様なのに、他にも今後色々課金される要素がちらほら見受けられるのは正直どうなのか?確かにこの手の部分に課金しなくてもちゃんと遊べはするけど、アイテムを安く買えるとかゲーム内の資金稼ぎできるとかは、過去作では普通に無課金でできた要素である。前作:覚醒で調子に乗ってガンガン絞りとる課金を継続してくるってあたり、ホント、ユーザもなめられたもんだと思う。

《シナリオ・テキスト関連》
・オーディン(=中二ウード)、ルーナ(ツンデレのセレナ)、オズワルド(ナンパのアズール)と3名も前作からの流用キャラがいる。子世代を含めると更にずらずらとそっくりさんが湧いてきて、一体どれだけ流用で手抜きなさる気か?性格もまんまで、そのまま絵描いてる人も同じとか…手抜きもいいとこだと思う。覚醒で入った新規さんにはウケんのかな?古参のわしとしては「薄っぺらいキャラ描写の典型だった覚醒子世代から3人も!…とか、冗談も大概にせーや」って感じなんだが。覚醒で新規に入ったファンの中には喜ぶ人もいようが、筆者からすればどう見ても覚醒キャラのそれなんで、この作品に出てる人物と受け入れられず、浮いた存在にしか捉えられない。当然、思い入れもヘッタクレもあったもんじゃない。この手の流用は『個々の人物の描写の深さとか、ユーザ側からの思い入れとか』っていうFEの根幹をなす要素の一つを台無しにしかねないやり方としか思えない。こういう手抜きで数稼ぎは今後は絶対やめてほしい。

・ってか、覚醒からの流用だらけの子世代出す必要ってあったのかね?覚醒以上に展開に無理があり、また必要性も感じないだけに、その分の労力を別に回して欲しかった。小手先の流用で人気キャラを出せばウケるとでも思ったか?古参エムブレマーとしては断じて否。

・話がそれぞれでは完結せず、全部遊ばないと何がなんだか判らないってのは、ユーザ側からすれば結局分けたメリットを感じない。意外性ってよりはトンデモ展開が多過ぎて、読み手を置いてけぼりにする事が多い気がする。結局は「面白くなるから」云々…ってのは建前で、利益率の高いDL販売に誘導して利益を確保する事ありきの売り方だったんだよなー…としか思えず。こういう分割商法的な売り方するなら批判が湧かないくらい完全な出来じゃなきゃ行けないと思うけど、残念ながら肝心のシナリオ部分がそこまで優れているとも思えない。題材や触り部分は凄く面白そうだったのに、中盤以降の展開がそっけなさ過ぎて素材を活かし切れてない。正直、「著名なシナリオライター呼んで作って、先日亡くなったいわっち最後の「社長が訊く」でドヤ顔で『僕が話を書いてだいぶマシに』とか豪語してこのレベル?」って感じではある。事前の懸念が当たっちゃった感じであり、触りの部分は悪く無いから「お、案外巧くいったのか?」とか思ったが、やっぱダメだった。

《システム・UI関連》
・戦闘においては、攻撃や被弾によるバフ・デバフの把握と管理がキモになってるように思うのだが、それが一目で確認しにくいのは改善の余地はあると思う。やたらとプラス・マイナスの効果が氾濫するのに、状況を認識しにくいってのはストレスに直結する要素だけに、もうちょい気を配っていただきたかったところ。

・キャラ萌え路線へ一気に舵を切った印象。マイキャッスルのなでなで要素は流石に引く…。3Dのモデルがやたらと力が入ってるのが逆に腹立たしかったりも。
THE 感想。
 まだ途中も途中ですが、一応、暫定の評価ということで。

 印象としては前作で叩かれたシミュレーション部分の単純さとシナリオの薄っぺらさをだいぶテコ入れできてるかな、と言う感じではある。まぁ売り方の部分であれこれと文句を言いたい部分はあるが、ゲームの部分は『覚醒をベースにしつつも前作の穴を塞いできたかな…』、と。派手さは無いけど、バランス取りの部分で過去のどのFEとも異なる立ち回りを求められるって点では新鮮味もある。一手一手の重さが味わえるバランスで、シミュレーションRPGとして薄味なものが続いたFEとしては、久しぶりにぐっとくるバランスだったと思う。緩いながらも単純ではないバランス取りの大胆な変革は、期待してなかっただけに意外でもあり、その点は大いに歓迎したい。

 一方で気になる点もちらほら…。前作からのテコ入れ部分として大々的に宣伝されたシナリオ部分が思ったほど良くない…。せっかく掴みの部分は面白そうなのに強引なトンデモ展開やFFも真っ青な露骨なお涙ポイントとか、見せ方が非常に安っぽいのは残念。
 あと、親世代の時点で3名いる覚醒からの流用キャラ、子世代を含めると更に倍以上に膨らむってのはいい加減勘弁して欲しい。こんな安っぽい手法でファンが喜ぶと思ったら大間違いだ(まぁ好きな人もいるだろうけど)。

 システムやバランス部分は良作以上な一方、売り方やシナリオや前作からの流用・手抜き要素など気になる点も少なくはないかな…といった印象。FEシリーズの集大成って言うよりはあくまで覚醒ベースの新作って感じなのは少々残念だったかも。3つの話を分割して売るやり方も「メーカの取り分が多くなる」以外は機能していない感じだし、正直、次回作からは1本で済むよう戻して欲しい。

 序盤の印象に比べて色々とアラが出てきたせいで印象が悪くなってはしまったけど、まぁ出来としては十分良作クラスではあるかと。ほぼ前作のノリのままなんで「覚醒だけはダメ」ってプレイヤーさんに合ってるとは言い難いが、前作覚醒が好きだった方、普通に楽しめた方にならばしっかり楽しめる内容だとは思いますぞ。

掲載日:2015年6月30日
更新日:2017年4月27日


機種別一覧(3DS)に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る