ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君
メーカー:スクウェア・エニックス
機種:ニンテンドー3DS
発売年月日:2015年8月27日
価格:5980円
ジャンル:RPG


広告(良かったら買ってくれぃ)
 
3DS版 PS2版

執筆: アルツ社長  (暫定評価)

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム シナリオ 総合評価
7 8 9 8 9 9 8 85
プレイ時間…50〜60時間程度
※各項目は10点満点、総合評価は100点満点
うむっ!流石じゃ!感動した!(トロデ王風に
・あまり余計なアレンジを施さずに、忠実にできる範囲でPS2のゲーム内容を携帯機に落とし込んだイメージ。元の作品からしてストレス要素は少なかったが、更に色々快適性の部分で配慮してくれている点は流石ドラクエ本編と言った所か。この辺りは貫禄の出来栄え。

・PS2版では悪い意味でレベルファイブらしさ全開でめんどくさい&回りくどい要素でもあった『錬金釜』は、合成レシピが明快に表示されるようになったり、待ち時間が無くなったり、大幅に使い勝手が良くなった点は歓迎。

・PS2版ではレベルアップの際に3回に1回ほど1Pも入らなくて「なんで1Pも入らんのだよ?意味わかんねーよ」とか文句ぶーぶー言っておった記憶があるが、移植にあたって改善された模様。まぁ上がらなかったレベルの所にポイント割り振っただけで、得られる総ポイント数が増えた訳では無いっぽいが、まぁ印象的には徒労感が薄まって良かったとは思う。

・パーティメンバーが増える等、部分的には大胆な追加要素があるが、違和感なく馴染んでる点は良し。まだクリアまでは至ってないがバランス的にもドラクエ4のピサロ(ライアンの改善上位互換)みたいな極端に使えるキャラとか増えない点は良かった。

・戦闘がランダムエンカウントからシンボルエンカウントに変更された。わしはランダムにはランダムの、シンボルにはシンボルの良さがあると思ってるんでこれだけでは改善点とは言わんが、今回は前作3DS版7と違い、敵を選びやすく、また逃げやすい。戦闘避けて逃げ回るも良し、ガンガン戦ってレベル上げるも良しっていう自由度の高さに繋がってる点が良い。今回の仕様ならシンボル制導入も明確なメリットになっとるとは思う。

・これまでは「イメージを崩す」とか頑ななまでにボイス導入を見送ってきたドラクエだが、遂に本編でもボイス導入。個人的にも「ドラクエには別に声は要らないんでね?」とか思ってたワケだが、思ったより違和感が無くて安心した。そもそものドラクエのセリフ自体が回りくどくなくて「見てるだけ」になり辛いせいもあるとは思うが、演技自体も必要以上にタメを用いず、心持ちテンポ早めに喋ってくれてる配慮も嬉しい。
ダメだなぁ。ダメなんだなぁ(ドルマゲス風に
・3DSの立体視がめちゃくちゃ活きそうな内容なのにまさかのほぼ完全に立体視非対応なのが残念過ぎる。どうでもいい一部メニュー内のみ対応している所からして、本体の描画性能が足りず止む無く削ったとは窺えるのではあるが。世間様では立体視OFFで遊ぶ人が多いっぽいがほぼONで遊んでるわしからすると残念過ぎる仕様。グラフィック自体もPS2版から相当劣化はしているが、そちらは思った程気にならずホッ…。

・キャラもフィールドもフル3D化されたRPGとしてはかなり初期の作品なんで、町並みやフィールドの作りがやたら簡潔で広さに対してイベントや仕掛けが少なく味気ない点はやっぱり今となってはやや物足りなさもある。

・UIは全体的には改善されていると思うのだが、錬金釜とかスキル割り振りとか一緒くたに「さくせん」の項目に押し込まれてるのは分かりづらいし操作もしにくい。ここは改善の余地あり。

・ゲームを終了する時に本体メニューからゲームを終わる際にフリーズ→本体強制再起動が2〜3回に1回ペースで起こる。本体がぶっ壊れるとかセーブデータが消えるとか実害は無いのだが、心臓に悪い類のエラーである事は確か。
なっ、感想!いつの間に!?(ヤンガス風に
 基本的にはPS2版の忠実な移植ですんで、良かった点、悪かった点についてはPS2版レビューもどうぞご参考に。

 全体としてはPS2版で気になったテンポの悪さとかを取っ払った良移植って感じか。今となってはやや古さも感じてしまうし、フィールドの広さに対してイベントの密度が薄い点など、やや物足りなさも感じてしまうのだが、RPGとしては今遊んでもしっかり楽しい事は再確認できた。

 グラフィックの劣化に関しては、PS2版を横で起動させて比較してみたら確かに結構な劣化が見られるのだが(フィールドの描画が更に寂しくなってる等)、比較しながら遊ばない限りは特に不満には感じないとは思う。

掲載日:2016年10月10日


機種別一覧(3DS)に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る