3Dパワードリフト
メーカー:セガゲームス
開発:M2
機種:ニンテンドー3DS
発売年月日:2016年11月2日
価格:800円
ジャンル:レース


広告(良かったら買ってくれぃ)

パッケージ版
(パワードリフトを収録)

執筆: アルツ社長

映像 音楽 快適性
&操作感
独自性 難易度・
バランス
ボリューム 総合評価
8 7 8 8 6 6 78
プレイ時間…5〜6時間程度
※各項目は10点満点、総合評価は100点満点
良かですたい!
・過去に何度か家庭用移植がなされてきたパワードリフトだが、移植度がイマイチな物だったと記憶。今回はハード性能+製作元の異常なコダワリのお陰か、25年以上経過してようやく達成された完全移植版って感じか。オリジナルのアーケード版で味わえた迫力を手元にある携帯機で味わえるってのは感慨深いものがある。

・ジャンルからして2Dアクションゲームと違って効果は大きいだろうなあとは思っておったが、アウトランやハングオン同様に3D化の恩恵が大きい内容。迫力・スピード感ともに文句なしの出来栄え。

・ドライバーをセガの懐かしキャラに差し替える事ができるが、かなりの割合のキャラの人選がどっかおかしい(苦笑)。ネタとして面白い。
ダメですばい。
・難易度が非常に高い。遠心力が強くて少々の速度超過ですぐクラッシュするし、序盤のコースを除いて1回ミスすれば挽回はほぼムリ。バランス的に少々窮屈で気軽には遊べない。

・1本のゲームとしては古臭い手法の3D表現で力業で立体感を表示した古典的な作品であり、思い入れの無い人には有り難みも面白さも分かりづらい内容かもしんない。
感想ですけん。
 これまた懐かしのアーケードゲーム『パワードリフト』の完全移植版。恐らくは家庭用としては初。そもそもムリがあったPCエンジン版などとは異なり、こちらはしっかりパワードリフトしている。圧倒的な迫力とスピード感が良い。
 難点としてはやたら難易度が高く人を選ぶ点か。あと、ポリゴンって技術が登場する前の古典的な手法での3D表現(=コースを細分化したスプライトを多数表示して力業で起伏を表現していた)って事もあり、若い人には良さは伝わりにくいゲームかな、という気はする。

掲載日:2016年11月28日


機種別一覧(3DS)に戻る

レビュートップページに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る