縮緬遊戯堂 ライトノベル一言レビュー
<アルツ社長>

作品名 作者 文庫名 巻数 評価 一言コメント 更新日
ファイアーエムブレム
トラキア776・紋章の謎
篠崎砂美 ファミ通 各3
(計6)
B  元となったゲームでは物語の根幹からそれた部分の描写が少ないため、多くのキャラやサブイベントに関しては作者の解釈で結構独自の味付けがなされている。一部のキャラのイメージがどうもワシの持つ印象と異なるため違和感はあるが、全体としてはゲームのイメージを壊さない程度に巧くアレンジされている。
 流れが早急過ぎるのも少々気になるが全体的には読み易い。ワシのような元となったゲームのファンだけでなく、それ以外の人でも問題なく読めるのではなかろうか。ゲームの小説化としては合格点と言えそうな気がする。 
05/8/3
風来のシレン
黄金郷アムテカに舞う花
大原広行
健部伸明
チュンソフト B  ゲーム中では語られない裏設定も交えて展開される冒険活劇。ストーリーはテンポよく展開し、読みやすい。シレンが人間離れした存在に描かれていることや座頭ケチがやけにカッコいいのには違和感を感じないでもないが、それを除けば不満点はないかな。 08/2/18



ライトノベル一言レビュー

縮緬遊戯堂