<Xbox360 ソフト>

ソフト
(★マークはアルツ的評価。★5つが最高、★1つが最低 ★はプレイしたもの、は星は未プレイまたは映像のみのものです)


・FIFA06 ロード・トゥ・FIFAワールドカップ ★★★
 12月10日発売  スポーツ(サッカー) エレクトロニック・アーツ

 特にサッカーゲームに興味はなかったんだけど、なんとなく後ろから眺めてたら係員さんに「どーぞ!」と声をかけられ遊んでみることに。これまでにサッカーゲームをほとんどやったことがなかっただけにどうすればいいのかわからずオロオロしていたが係員が親切に教えてくれました。サッカーゲームとしての良し悪しはちょっと判断しかねるけど、簡単操作で自在にボールを操れて良かったと思うよ。選手のモデリングが細部まで描き込まれていたり、芝生がポリゴンで表示されていたり、グラフィックは「さすが次世代機!」といった感じです。
 とりあえず思ってたよりは楽しめました。食わず嫌いだったのかもね。とは言えども、ドップリ浸かれる自信も無いのでやっぱ様子見。


・リッジレーサー6 ★★★★
 12月10日発売  レース ナムコ

 アスファルトの1粒1粒まで見事に表現しきったグラフィックは圧巻。プレイステーション、プレイステーション2、PSPと、毎度のことながらハードが変わった時のこのシリーズの新作には驚かされっ放しだな。リアルでキレイな車を気軽に操作できるこのシリーズの味は健在だ。やるなナムコ。
 実車系レースは苦手分野だけど、ハードと同時に買うなら、これかテトリスかデッドオアアライブ4あたりが無難かな。


・カメオ:エレメンツオブパワー ★
 2006年2月発売予定  アクション マイクロソフト

 デモ版をプレイ。まずはえ〜と、・・・キャラが濃いよ〜〜〜!ま、レア社じゃ仕方ないか(笑)。主人公の少女が3種類のモンスター変身を使い分けて進んでいくゲームだったが、なんか操作してても快適じゃないし、なにより作業的になりがちであんまり面白いと思えなかった。まぁ、製品版の内容とは違ったものなんだろうけど、個人的には魅力に感じる部分が無い。こいつぁパスですな。
 とりあえず言えることは開発中だからってあんま適当な内容のものを展示してると、かえって逆効果だってことだね。


・パーフェクトダークゼロ ★★★
 12月10日発売 ファーストパーソンシューティング マイクロソフト

 当初はゲームキューブで発売する予定だったこのソフト。レア社が任天堂と決別し(携帯機ではまだソフト出してるけどね)、機種がXboxに変更された。その後も一向に発売される事無く、いつの間にかまた機種変更。ゲームキューブ版から待ってる人はもう感涙モノだね!!
 それはさて置き、流石にここまで引っ張った甲斐があり、非常にグラフィックは美しい。操作感覚やら難易度やらは後ろから眺めてるだけだったので分かりませんケド。


Xbox360店頭体験会もくじにもどる

イベントレポートもくじに戻る

縮緬遊戯堂トップページに戻る