縮緬遊戯堂
任天堂ソフト一覧
1993年〜1995年
1993年
本数…全11本
SFC…6本
FC…3本
GB…2本

時代はスーパーファミコン全盛だったが
任天堂の作品に限定すればそれほど目立ったタイトルは多くない。
しかし、『ゼルダの伝説 夢をみる島』、『星のカービィ 夢の泉の物語』、『スターフォックス』など、
味のある作品が登場した年でもある。

この他、スーパーファミコンでは、スーパースコープやマウスなど、
ユニークな周辺機器が登場したが、大きな支持を得るには至らず
専用ソフトはごく少数に終わっている(ただし、スーパースコープは米国で一定のブームとはなった)。


:売上100万以上 :売上50万以上
タイトルをクリックすると任天堂ホームページの
作品紹介を読む事ができます。

発売日 タイトル 機種 価格 ジャンル 開発部署
メーカー
備考
2/21 スターフォックス SFC 9800 シューティング (任)情報開発部/
アルゴノーツ
 
3/23 星のカービィ 夢の泉の物語 FC 6500 アクション HAL研究所/
(任)情報開発部
 
5/21 ジョイメカファイト FC 4900 アクション (任)開発第一部  
6/6 ゼルダの伝説 夢をみる島 GB 3900 アクションRPG (任)情報開発部  
6/21 スーパースコープ6 SFC 9800 シューティング インテリジェント
システムズ
スーパースコープ同梱・専用
6/21 スペースバズーカ SFC 6500 シューティング インテリジェント
システムズ
スーパースコープ専用
7/14 ヨッシーのロードハンティング SFC 6500 シューティング トーセ スーパースコープ専用
7/14 スーパーマリオコレクション SFC 9800 アクション (任)情報開発部  
8/27 マリオとワリオ SFC 6800 アクション ゲームフリーク
/(任)開発第一部
マウス専用
マウス同梱版もあり
9/21 テトリスフラッシュ FC 4900 パズル (任)開発第一部  
11/27 カービィのピンボール GB 2900 アクション HAL研究所  

戻る
1994年
本数…全11本
SFC…6本
FC…2本
GB…3本

当初は92年に発売される予定だったMOTHER2はこの年発売。
『スーパーメトロイド』や『ファイアーエムブレム 紋章の謎』など
各シリーズでも指折りの名作と呼ばれる作品が登場したのもこの年。
また、イギリスのレア社が開発を担当した『スーパードンキーコング』は
CG技術を駆使した圧倒的なグラフィックで人気を集めた。

3DO、セガサターン、プレイステーション、PC-FXなど
“32bit次世代機”と呼ばれたマシンが次々に名乗りを上げた1994年だが
1996年あたりまで当面の間は依然スーパーファミコンが国内市場の中心に君臨し続けた。

2月には任天堂発としては最後のファミコンタイトルである
『ワリオの森』、『ゼルダの伝説1』が発売されている。


:売上100万以上 :売上50万以上
タイトルをクリックすると任天堂ホームページの
作品紹介を読む事ができます。

発売日 タイトル 機種 価格 ジャンル 開発部署
メーカー
備考
1/21 ファイアーエムブレム
紋章の謎
SFC 9800 シミュレーション
RPG
インテリジェント
システムズ/
(任)開発第一部
  
2/19 ゼルダの伝説1 FC 4900 アクションRPG (任)情報開発部   
2/19 ワリオの森 FC 4900 パズル (任)開発第一部   
3/19 スーパーメトロイド SFC 9800 アクション (任)開発第一部/
インテリジェント
システムズ
 
4/14 スーパーマリオランド3
ワリオランド
GB 3900 アクション (任)開発第一部  
6/4 ワイルドトラックス SFC 9800 レース (任)情報開発部  
6/14 テトリスフラッシュ GB 2900 パズル (任)開発第一部  
6/14 ドンキーコング GB 3900 アクション (任)情報開発部/
パックスソフトニカ
 
8/27 MOTHER2 ギーグの逆襲 SFC 9800 RPG エイプ/HAL研究所
/(任)情報開発部
 
9/21 カービィボウル SFC 7800 アクション HAL研究所/
(任)情報開発部
 
11/26 スーパードンキーコング SFC 9800 アクション レア社  

戻る


1995年
本数…全14本
SFC…5本
GB…4本
VB…5本

昨年末にセガサターン、プレイステーションなど
次世代機が発売されるも、市場の主役はこの時点ではまだスーパーファミコン。
この年も数多くの作品が各社からリリースされた。
『ドラゴンクエスト6』、『ロマンシングサガ3』、『テイルズオブファンタジア』、
『風来のシレン』などの作品が95年発売。

7月には立体視をウリとした新ゲーム機『バーチャルボーイ』が登場。
しかし、他社の次世代機に完全に埋もれた上に
完全に見た目のアブなさ(?)とソフトの貧弱さから多くの支持を集めるには至らず。
12月のワリオランドを最後に早くも打ち止め。
ファミコン以降の任天堂の失敗としては最大級のものとしてゲームファンに記憶されることになる。


:売上100万以上 :売上50万以上
タイトルをクリックすると任天堂ホームページの
作品紹介を読む事ができます。

発売日 タイトル 機種 価格 ジャンル 開発部署
メーカー
備考
3/14 マリオのピクロス GB 3900 パズル ジュピター/
クリーチャーズ
 
3/19 スヌーピーコンサート SFC 9800 アドベンチャー (任)開発第一部/
パックスソフトニカ
発売元:三井不動産、電通
3/21 星のカービィ2 GB 3900 アクション HAL研究所/
(任)情報開発部
 
7/21 ギャラクティックピンボール VB 4900 アクション (任)開発第一部/
インテリジェント
システムズ
 
7/21 テレロボクサー VB 4900 アクション (任)開発第一部  
7/21 マリオズテニス VB 4900 スポーツ (任)開発第一部  
7/27 スーパードンキーコングGB GB 3900 アクション レア社  
8/5 スーパーマリオ
ヨッシーアイランド
SFC 9800 アクション (任)情報開発部  
9/14 マリオのスーパーピクロス SFC 7900 パズル ジュピター/
クリーチャーズ
本体値引きクーポン券同梱
9/29 マリオクラッシュ VB 4900 アクション (任)開発第一部  
10/27 パネルでポン SFC 5800 パズル (任)開発第一部/
インテリジェント
システムズ
 
11/21 スーパードンキーコング2
ディクシー&ディディー
SFC 9800 アクション レア社 本体値引きクーポン券同梱
12/1 ワリオランド アワゾンの秘宝 VB 4900 アクション (任)開発第一部  
12/14 カービィのブロックボール GB 3900 アクション HAL研究所/
(任)開発第一部
 

戻る

縮緬ゲヱム館

縮緬遊戯堂トップページ